不器用、さらば

今回は、ヘミングウェイへのオマージュで始めてみました。

本日、医師の診察を受けて、無事にSlingが外れました。
片手生活からの脱却、そして、これから地獄のリハビリ生活です。
まだ痛いし、左腕はほとんど役に立ちませんが、
それでも両手が使えるのは大きな進歩。
一日終えて、左腕は筋肉痛のような感じです。
でも、今日より明日、明日より1ヵ月後、少しずつ回復していくと思います。
片手が使えないこの1ヶ月はどうしても思考は後ろ向きでした。
面倒くさいとか、後回しにしようとか、やめておこうかなとか。
それが、SLINGが外れただけで、ものすごく元気になり、
ポジティブな自分に気恥ずかしさを覚えるくらいです。
まさに最近の天気のようです。
怪我する前はこれが当たり前だったのに。
c0328616_10513469.jpg
その、怪我をする前、会社の近くでロケに遭遇しました。
ふと思ったのは、今年は48歳の年男。
ポール・ニューマンは48歳でThe Stingに出演してました。
僕も、自主制作でThe Slingでも作ろうかな(笑)。
c0328616_05362894.jpg
と言うわけで、5月にお越しの予定の方、お返事お待たせしました。
「お・も・て・な・し」は自信がありませんが、私は大丈夫です。
取り敢えず、今日のところは不器用な生活からの脱却をご報告まで。
では、また近いうちに。

[PR]

by new-york-story | 2014-04-29 10:53 | LIFE | Comments(2)

1週間遅れのイースター?

ご無沙汰してます。

今度の月曜日、抜糸以来、1カ月ぶりに診察を受けます。
まだまだ鎖骨は違和感満載、左腕はほとんど動きません。
せめてSlingが外れればずいぶん楽になると思うんだけど。

先週の日曜日はイースターでした。
1週間遅れで僕も復活の祝いが出来れば良いのですが。
c0328616_11470988.jpg
当地もいよいよ春到来。
このまま一気に夏へ向かうんでしょうね。
夏への扉と言うことで山下達郎を聴きながらハインラインを原文で読んでみようかな。

今朝は気分を変えて、いつものパークアベニューではなく、セントラルパークを横目に5番街を南下して会社に行きました。
早朝の5番街は、週末の喧騒がうそのように静かです。
犬の散歩をしている人とすれ違いながら、朝日に輝くThe Plaza Hotel、とても新鮮でした。
遠回りして良かった003.gif
c0328616_11300438.jpg
この1カ月、闘病記もそうですが、ネタはたくさん集まりました。
月曜日の診断で無事に片手の生活から解放されて、快方に向かうと良いな。
New-York-Storyが本格的に再開出来るのを祈って止みません。

それでは、また。

[PR]

by new-york-story | 2014-04-26 12:04 | LIFE | Comments(2)