想い出作り

この週末はメモリアルデー、アメリカでは数少ない3連休でした。
土曜日は人を招き、我が家ですき焼きパーティ。
ダウンタウンの専門店でちょっと高めの肉を調達してささやかな贅沢。
日曜日は、友人の誘いで、夕方からブルックリンにあるNY屈指のステーキハウスに予約なしで挑戦しました。
ZAGATで過去20年以上に亘りNo1ステーキハウスに選ばれている名店です。
c0328616_00321720.jpg
1時間半から2時間待ちを覚悟しつつ、レストラン入り。
3連休は家族と家で過ごす人が多いのか、奇跡的に1時間待ちと言われました。
誘ってくれた友人が貸してくれた本を読みながらテーブルを待つ。
原田マハ女史の『ジヴェルニーの食卓』。
書評欄で記事を目にしたことはありましたが、読むのは初めてです。
読み始めて間もなく、うれしい誤算。
思いのほか早く、30分足らずの待ち時間でテーブルに案内されました。
二人だったのが良かったのかもしれません。
c0328616_00335670.jpg
スターターにアメリカンビールと人気のトマトとオニオンのスライスと付け合せの定番Creamy Spinachを頼み、メインはSteak for Twoと相性のいい赤ワインをセレクト。
c0328616_00332288.jpg
c0328616_00354726.jpg
c0328616_00345662.jpg
c0328616_00382919.jpg
絶妙のタイミングでAppetizerからMainへと切り替わり、ジュー、という音とともにやってきたステーキは評判通り美味でした。
最後に名物の口直し、コイン型のオリジナルチョコ(店名の刻印?!入り)。
程よい甘さでおいしかった・・・。
c0328616_00390239.jpg

連休最終日の今日、月曜日もイイ天気。
ブランチの後、『ジヴェルニーの食卓』を携え、セントラルパークで気の向くまま読書をして過ごした午後。
ちょっと日焼したかもしれない。
ミディアムレアくらいにしておかないと・・・。


[PR]

by new-york-story | 2015-05-26 09:38 | GOURMET | Comments(0)

素敵な夢を叶えましょう

ブルックリンの恋物語。
c0328616_06423895.jpg
「10年後も20年後もあなたのそばには私がいる」

あのドラマの最終回のエンディングロールで使われたこのベンチからのマンハッタンの景色が見たくてここまで来てしまいました。
c0328616_06431904.jpg
遠くに女神を見ながら・・・。
c0328616_12295462.jpg
マンハッタンからBrooklyn Bridgeを歩くこと20分。
c0328616_06445255.jpg
橋には「愛の南京錠」がこれでもかと並んでます。
c0328616_06440602.jpg
夢を叶えた後は幸せ気分でランチ。
最近日本にも進出が決定したハンバーガーショップ。
マンハッタンほどは混んでいないので入りやすかった・・・。
c0328616_06512337.jpg
ビール日和に誘われるまま、Brooklyn Breweryで大人の工場見学へ。
場内ツアー開始を待つ間、ビールを飲んでいたらすっかりイイ気分に。
♪ビールを回せ、底まで飲もう!あなたが一番、私が二番♪
と言うわけで、見学ツアーは「まっ、次回でいっか」。
c0328616_06492594.jpg
ほろ酔い気分でミッドタウンまでフェリーで戻りました。
c0328616_12285024.jpg
それにしても、15年たっても世代を超えて人々を魅了してやまないこのドラマ。
最近はそういうドラマにはなかなかお目にかかれない気がします。

因みに、最近になって初めて『マンハッタンラブストーリー』を観ました。
タイトルとキョンキョンに釣られて観てしまいましたが、マンハッタンって・・・。

明日は我が家ですき焼きパーティです!
Spring Garlic買わなきゃ!

[PR]

by new-york-story | 2015-05-23 13:05 | SIGHTSEEING | Comments(0)

ブルックリンでブランチを

と誘われ、初めてブルックリンに行きました。
ウィリアムズバーグの様な華やかな場所を想像していたのですが、まず案内されたのはマンハッタンから地下鉄で40分ほど南に向かったところにある、小さなベーカリー。
Pampkin Apple WalnutやBlueberryなど、色々なマフィンが定番の、地元では有名店らしい。
折角なので、私もChocolate Tip BananaとMangoを買い、コーヒー片手に目的地のレストランに向かいました。
c0328616_05380091.jpg
その店は、閑静な住宅街の中にありました。
折角なので、屋外のテーブルに案内してもらう。
続々とお客さんが来ましたが、どうみても地元の馴染み客です。
c0328616_05382282.jpg
Specialityの中から選んだのは、Fried Soft Shell Crab Sandwichとハーブ入りの自家製Lemonade。
静かな雰囲気で、美味しい料理。
究極の贅沢ブランチでした。
c0328616_05405388.jpg
マンハッタンに戻る道すがら、先週も寄った、Union SquareのFarmer's Marketで道草。
c0328616_05420840.jpg
知人のお目当ては、NYではこの時期しか食べれないSpring Garlic(日本では葉にんにく)と自家製ジュースに混ぜると言うKale。
さらにお薦めの自家製パスタの店を教えてもらいました。
c0328616_05413283.jpg
ブランチを食べるために片道1時間。
何故こんなガイドブックにも載っていないような店を知ったのかと聞いてみる。
ネットで評判のイイ店は取り敢えず行ってみるようにしてますとのこと。
私も、もう少し潤いのある、豊かな生活をしたいものだと実感した、ブルックリン・デビューでした。

[PR]

by new-york-story | 2015-05-18 10:12 | LIFE | Comments(0)

恋する・・・。

フォーチュンクッキー。
c0328616_09205104.jpg
今日はセントラル・パークで年に一度のJapan Dayというイベントがあり、日本を伝える文化的なイベントや、模擬店、様々なゲストによるパフォーマンスが見られました。
今年の目玉はAKB48。
何となく一人で行くのは憚られ、知人と連れ立って行きましたが、やはりものすごい人でした。
c0328616_09213429.jpg
まさかの感動。
やはり、NYという異国の地でAKB48というとても日本的な存在に触れると、何とも言えない懐かしさがこみ上げてきます。
メジャーな曲ばかりだったのも良かった。
これは想定外・・・。
c0328616_09224083.jpg
昨日は知人に誘われ、某ファッションブランドの"Sample Sale"に付き合いました。
場所はビレッジのとあるビル。
女性モノ中心のブランドなので、誘われて、興味本位で付き合いがてら行ったのですが、駄目ですね。
物欲がこみ上げてきて、トートバッグ、冬用のニット帽、そしてTシャツを2枚購入してしまいました。
c0328616_09235401.jpg
その後、妄想力をかきたてる?念願のKatzでパストラミサンドを食べて、ビレッジ界隈をそぞろ歩き。
c0328616_09243822.jpg
美味しいベーグルショップやファーマーズマーケットで旬の野菜や焼きたてのパン、生で食べられる卵を買ったりするのに付き合っているうちに、僕も大いに刺激を受けました。
やっぱり同じ料理をするのでも美味しい素材を使いたいものですね。
潤いのある生活を送りたい。
頑張るぞ!


[PR]

by new-york-story | 2015-05-11 09:54 | LIFE | Comments(0)

Wineな夜~涙のペイパービュー~

♪眠れないのよ、Starry Night♪
c0328616_07461514.jpg
昨日はメイウェザーとパッキャオの両雄が初めて対戦する世紀の一戦でした。
Pay per Viewは100ドル。
折角なので我が家に知人を招き、総勢10名で観戦しました。
試合開始は9時と聞き、6時集合、9時まで飲んで試合開始を待ったのですが、9時に始まったのは前座、しかもそこから2試合。
世紀の一戦が始まったのは日付が変わろうかという、12時前。
c0328616_07474966.jpg
それにしてもラスベガスに集まったセレブたちは凄かった。
テレビで紹介されていたセレブは僕が知っているだけでも、こんな感じ。
俳優陣はクリント・イーストウッド、ロバート・デ・ニーロ、ベン・アフレック、デンゼル・ワシントン、マイケル・キートン、女優はドリュー・バリモア、ダイアン・クルーガー。
スポーツ界からは、トム・ブレイディ、マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、シャキール・オニール、レジー・ミラー、アガシ&グラフ夫妻、マイク・タイソン。
さらに、パリス・ヒルトン、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、ドナルド・トランプ、ジェシー・ジャクソン、スティング・・・。
国歌斉唱はジェイミー・フォックスでした。
c0328616_07471903.jpg
ラスベガス空港はセレブのプライベートジェットで大渋滞だったらしい。
スーパーボールを凌ぐと言われる大型イベントでした。
ボクシングに限らず、期待が大きければ大きいほど、期待したとおりにならないものですが、今回は、予想通りになって欲しくないのに結果としてはその通りだったと言う感じ。
実際に観た印象と試合の勝敗は違うものだなぁというのが正直なところです。
c0328616_07492603.jpg
攻め続けたパッキャオ。
あと5年早く2人が会っていたら・・・と思わずにはいられませんでした。
思わず久保田利伸の"Missing"、♪出会いがもっと早ければ~と~♪。
今夜は、昨日のゲストが持参してくれたワインを飲みながら・・・『リベンジマッチ』でも見ようかな。


[PR]

by new-york-story | 2015-05-04 10:14 | SPORTS | Comments(0)