<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

セカンドライフ

今回の一時帰国。
機内の映画は豊作でした。
往復で観たのは6本。
c0328616_11493070.jpg
マイ・インターン("The Intern) アン・ハサウェイ&ロバート・デ・ニーロ(寸評;後述)

クリードチャンプを継ぐ男("Creed") シルベスタ・スタローン&マイケル・B・ジョーダン(寸評;ロッキーシリーズをまた全部観たくなりました)

Star Warsフォースの覚醒("The Force Awakens) デイジー・リドリー&ジョン・ボイエガ(寸評;思わずスターウォーズ本(新書)を買っちゃいました・・・)

007スペクター("Spectre") ダニエル・クレイグ&クリストフ・ヴァルツ(寸評;007は長い間ショーン・コネリーのイメージでしたが、今やダニエル・クレイグですね)

ブリッジ・オブ・スパイ("Bridge of Spies") トム・ハンクス&マーク・ライアンス(寸評;トム・ハンクスに当て書きしたような映画でした)

Our Brand is Crisis サンドラ・ブロック&ビリー・ボブ・ソーントン(寸評;サンドラ・ブロックは得意ではありませんが、こういうのはイイですね。ちょうどアメリカの大統領選挙もあり、タイムリーです)

c0328616_11504434.jpg
どれも最後まで楽しみましたが、中でもマイ・インターンは良かったです。アン・ハサウェイとデ・ニーロを配したところがこの映画の妙でした。好き嫌いが分かれるアン・ハサウェイですが、今回は気持ちよく、これでもか、という「らしさ」満開(とは言え、途中で何度か若い頃のジュリア・ロバーツが演じそうな感じもしましたが・・・)。ニューヨークが舞台でもあり、何しろストーリーが微妙に親近感が沸く展開なので、最後まで飽きませんでした。詳細は触れませんが、自分なりに想定したエンディングのうち、最もありがちな展開ではなく、プランB、「ふーん、そう来ましたか」という感じ。
c0328616_11514762.jpg
前回の帰国時は映画が不作で退屈でしたが、これくらいのラインアップだと飛行機の中も楽チンです。
次回の帰国の時も豊作だといいなぁ。

[PR]
by new-york-story | 2016-03-25 12:46 | MOVIE | Trackback | Comments(0)

自分発見!

無事にNYに戻りました。
c0328616_10430456.jpg
帰国前日は買い物三昧でしたが、午前中は本屋で贅沢に3時間弱過ごしました。
特に目的の本があるわけでもなく、すべてのフロアを隅々まで散策。
意外な発見がありました。
なんか、本屋って自分自身を見つめ直すのに凄く良い所ですね。
文庫、新書、自己啓発、雑誌、趣味の本・・・すべてのコーナーで自分とのつながりを再発見。
これまでの想い出を振り返ったり、来るべきこれからの生活に向けた準備等、色々な示唆があり、あっと言う間の3時間でした。
c0328616_10411243.jpg
それにしても『50歳からの~』が多いこと・・・。
やっぱり50歳と言うのは人生の節目なんだなぁと実感(痛感?)しました。
極めつけは雑誌コーナーで見た『明日への元気と夢を満載 昭和40年男(Born in 1965)』。
狭いターゲットだなぁと感心しつつ、ページをめくってみました。
特集記事は”俺たちのカーライフ”。
懐かしの”ロンサム・カーボーイ”の記事もあり、カセットテープでMy BGMを選曲した世代のストライク企画でした。
c0328616_10415487.jpg
他にも”50の飲み方・食べ方”、”俺たちのアイドル~土屋かおり~”、”TVの記憶 太陽にほえろ~テキサス殉職~”など、バブル世代の象徴をめったぎりです。
目的もなくたっぷり時間をかけて大きな本屋を散策するというアナログの良さを再発見しました。
昼はラーメン。
ネットサーフィンならぬブックストアサーフィンも悪くないものです。


[PR]
by new-york-story | 2016-03-19 10:51 | LIFE | Trackback | Comments(0)

魅せられて

雨の東京駅。
駆け足の一時帰国でしたが、金曜日に帰ります。
c0328616_22212803.jpg
土曜日に初めてバレーボール観戦をしました。
女子のプレミアリーグの決勝戦。
決勝戦らしくイベント感満載で楽しかったです。
c0328616_22231401.jpg
テレビ観戦では映らない様なシーンを見ることができてとても新鮮な気分。
現役の日本代表の選手に加え、今シーズンが最後とも言われるかつての全日本のエース、栗原恵選手も最後に見られたのはラッキーでした。
c0328616_22244959.jpg
3年ぶりにかつて足繁く通った銀座の串揚げ屋に行きました。
色々な思い出の中に、懐かしさも相まって、ホント美味しかった!
最近、NYにも天ぷらの高級専門店が出来ましたが、残念ながら串揚げの専門店は見当たりません。
この店、NYに出て来てくれないかなぁ。
c0328616_22270536.jpg
恒例の熱海の温泉。
我が家から一時間余りで非日常が味わえる貴重な機会です。
南に向いてる窓を開けるとそこはオーシャンビュー。
c0328616_22275427.jpg
とても陳腐な表現になりますが、露天風呂から見える朝日は何とも言えず良いものです。
この景色に魅せられて、ここに来ると早起きをしてしまいます。
温泉ってイイものですね。
本格帰国をしたら身近な箱根近辺から温泉を攻略してみようかな。
c0328616_22271721.jpg
明日は1日、最後の買い出し。
この2年半、マンハッタンではほとんどの日本の食材や物資が手に入ることを実感しました。
とはいえ、お気に入りの白州を始めとする日本のウィスキーは依然としてドラマの影響か、品薄状態が続いており、なかなか手に入りません。
白州は空港のDuty-Freeでも18年もの以上で5万円。
ハイボールにするのがもったいなくなる値段です。
これはどっかで調達して帰らねば。
次回の一時帰国は夏の予定。
また美味しく楽しい酒でも飲みたいところですね。



[PR]
by new-york-story | 2016-03-16 22:38 | LIFE | Trackback | Comments(0)

一夜限りの・・・

3月4日、名残の雪が降りました。
今シーズン最後の雪かな。
そして、もしかしたらニューヨークで見る最後の雪。
c0328616_07135392.jpg
カーネギーホールで一夜限りの市川海老蔵の歌舞伎を観ました。
歌舞伎だけではなく、狂言と能の演目も合わせた企画。
正直、狂言と能は必ずしも入門編の演目ではなく、ちょっと難解でした。
で、白状します。
最初は狂言か能かすら分かりませんでした。
が、しかし、海老蔵は素人目にも素晴らしかったです。
女形との一人二役芝居。
存在感と言うか、オーラと言うか、舞台でとても大きく見えました。
渡辺謙さんの"King and I"とも違う感じ。
普段テレビのドラマやバラエティに出ている姿しか知りませんでしたが、やはり彼は歌舞伎役者なのだと言うことを実感。
稽古をしている姿に思いを馳せ、プロフェッショナルの真髄を垣間見た気がします。
歌舞伎用語って多くが日常的に使われているのに、実際の歌舞伎を観るのは高校時代(もしかしたら中学?)に学校の行事で観て以来でした。
c0328616_07185447.jpg
今日は帰国前最後の日曜日。
美容院、買出し、掃除、パッケージング・・・。
どんどん帰国慣れしているのに、ワクワク感だけは毎回新鮮です。
今回は予定の関係でほとんど飲み会もなく、とんぼ返りの感じなので荷物も身軽。
木曜日、あまりに慣れすぎて寝坊しないようにしなきゃだわ。
See You Soon!


[PR]
by new-york-story | 2016-03-07 09:24 | LIFE | Trackback | Comments(0)

Kamakura Story


by Kamakura Story
プロフィールを見る