<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

再会・・・

先週末、20年振りにノースカロライナを訪ねました。
c0328616_10354096.jpg
かつて何度も見た飛行機からの景色は当時のまま。
鬱蒼と茂る木々とたゆまなく流れる川が見上げています。
不思議とあれほど通った空港には何の感慨も覚えなかったのですが(たぶん改築したのでしょう)、空港から宿のあるダウンタウンへ向かうハイウェイからの風景や標識の一つ一つの地名が大いに気分を盛り上げてくれました。
c0328616_10363643.jpg
目的は大学の同窓会への参加。当時親しかったドイツからの留学生がOB組織の役員に就いた関係で連絡をもらいました。日本にいる卒業生以外とは20年間、全く会っていません。正直、逡巡した自分もいたのですが、ここにいる間に一度は行きたいと思っていたことと、今回を逃すと二度と行かない気もしたため、思い切って2泊3日の一人旅に出てしまいました。こちらに来てから初めての一人旅、新鮮な感じとかつて出張漬けだった日々を思い出し複雑な感じ。
c0328616_10373754.jpg
宿は典型的なアメリカの田舎のモーテル。『愛と青春の旅立ち』の♪Up Where We Belong♪がリフレインしそうな場所です。荷を解いた後、近くのモールにあるファストフードでランチ。そこには思いがけず、かつて何回か通った中華料理店がありプチびっくりです。その後大学に出向き、同窓会の登録を行いました。そこで声を掛けてくれたドイツ人と再会を果たしたわけですが、これだけで来た甲斐があったと言うものです。
c0328616_10382193.jpg
因みに「同窓会」は"Reunion"。凄くいい言葉だと思います。そのReunionは3日間通しで行われ、広大なキャンパス全体がお祭りムードに包まれます。近辺のホテルは全室満室。ロースクールは卒業年度別に5年毎に召集しており、今年は1956年から2011年。私の在籍した96年はちょうど20年目の節目になります。校舎見学、BBQ、講演会、市内バスツアーなど趣向を凝らした企画で楽しませてくれます。ハイライトは大学に隣接するゴルフ場。校舎では泣かなかった私も、多くの時間を費やしたこの場所で思わず涙腺を緩めてしまいした(これホント)。と言うわけで、初日はチャペルやショップなどキャンパスの徘徊。特にチャペルは人生で初めて友人の結婚式でBest Manを務めた思い出の場所でした。ショップではロゴ入りグッズをこれでもかと買い漁りました。購買意欲というより自分の母校愛にちょっとビックリ。
c0328616_10411769.jpg
c0328616_10391389.jpg
それにしてもNYはアメリカの中でも如何に特別な場所なのか・・・。ノースカロライナは決して裕福な州とは言えません。度重なるハリケーンに襲われ、家屋が被害にあう事も頻繁にあります。それでも人々はここを愛し、そして暮らしてます。当時NYから遊びに来てくれた友人が言ったことを思い出しましたが、南部独特のSouthern Hospitalityも実感。当時はここしか知らなかったので、他と比べようもなく当たり前と思っていたことがNYでは当たり前ではないことにこの3年間で気づきました。わずか3日間なのに随分会社に行っていない気がします。外国にいるような感覚。時差があるのではという気すらしました。距離も時間も超越した不思議な感じです。
c0328616_10423317.jpg
2日目のディナーで遂に留学生が再結集しました。アメリカ人主体のJDコースと違い、1年コースのLLMは外国からの留学生中心です。今回来ていたのは8人。国籍も日本、ドイツ、フランス、スイス、アルゼンチン、ベルギー、そしてインド。当時はネット環境も乏しく、今ほどコミュニケーションが取れなかった時代。それでも再会した瞬間に全員の名前が言えたのは如何に濃密な時間だったかの証左でしょう。
c0328616_10444029.jpg
次回は5年後。どこでなにしてるかなぁ。今度はゴルフクラブ持って来よう!
帰りの飛行機でマンハッタンを見ながら思いました。



[PR]

by new-york-story | 2016-04-19 11:25 | LIFE | Trackback | Comments(0)

再開・・・

先週末、今シーズン初めてのゴルフをしました。
渡米以来、鎖骨骨折などでなかなか思うように出来ませんでしたが、体調も落ち着き、ようやく本腰を入れてゴルフが出来る様になりました。
今シーズンはここ数年更新出来ていない自己ベストを目指したいと思います。
c0328616_06254851.jpg
先日、初めてNBAを観戦しました。
一度は行きたかった聖地・MSG(Madison Square Garden)。
これで3大スポーツはすべて見ましたが、唯一室内で行われるバスケットは野球、アメフトとは趣が違いますね。
これでいつ帰国になっても大丈夫です(笑)。
c0328616_06261408.jpg
ふと思いましたが、何かを比較する時に「3」がよく使われますね。
「3大○△」に始まり、三羽ガラス、三人娘、御三家、三冠王、トリプルスリー、中三トリオ、たのきんトリオ、そして三本の矢。
そこで、私なりの3大○△シリーズ。
今回は、女性陣に好評な3大NY土産でも。
いつも日本に帰国する時は美容院でなじみのスタイリストにアドバイスしてもらってます。
素晴らしいセンスで外れなし。
中でもこれまで好評だった品々です。
c0328616_06245062.jpg
1.Trader Joe's の調味料
オーガニックで有名な高級スーパー・Trader Joe'sオリジナルのグラインダー付のヒマラヤの塩とレモンペッパーが秀逸で、中でもレモンペッパーは単身男子の作るどんな料理も軽快なイタリアンに変える魔法の粉です。

2.Strandのトートバッグ
ダウンタウンの老舗書店のオリジナル。デザインもオシャレで豊富。どの年齢層にも使いやすいバッグだと思います。こちらではかなり有名ですが、日本でも某ドーナツショップがノベルティに採用した経緯もあり、知名度が上がりました。

3.Whole Foods Marketの石鹸
最近我が家の近くにも出店して、休日にふらっと行きます。高級スーパーらしく、オーガニックで香りも豊富。トイレやリビングの芳香剤としても最適で、匂いが弱くなったら石鹸として使うといいらしいです。スーツケースに匂いが充満するのが難点・・・。
c0328616_06242410.jpg
次はBrooklynのお土産でも教えてもらうかなと思います。
アメリカンブランドはネットで購入できるし、品揃えも豊富。ついついクリックしてしまいます。アバクロのようにブランドによっては日本からはアメリカのサイトが閲覧できないようにしているようですが、まぁ、扱っている商品は大体同じ。次回の一時帰国前にご希望があればご遠慮なく。


[PR]

by new-york-story | 2016-04-03 14:09 | LIFE | Trackback | Comments(0)