秋を駆け抜け
あっと言う間に季節は冬へ。
c0328616_06440586.jpg
ロックフェラーセンターのスケートリンクもオープンし、大きなもみの木が運びこまれました。
装飾されて、やがて綺麗なクリスマスツリーとなりお披露目されるのでしょう。
c0328616_06422587.jpg
ニューヨークでのゴルフもそろそろ打ち納めの雰囲気。
紅葉が綺麗ですが、落ち葉でボールをすぐに見失ってしまいます。
今年の最終戦は昨年同様、年末のマイアミの予定です。
c0328616_06432415.jpg
この秋から仕事のポジションが変わりました。
これまでの貯金では出来ない仕事となり、思いを新たにしています。
2年前に来た時の緊張感が蘇り、初心に戻った実感。
そんな中で、来週、東京出張の予定。
会社に行くのは赴任後初めてです。
楽しみ。
c0328616_06464938.jpg
この週末はロンドンから学生時代の友人が遊びに来て、28年振りの再会を楽しみました。
早いものでNYライフも2年が経ち、このブログも実は今回が100回目です。
仕事も環境が変わり、区切りを付けるにはいいタイミングかな。
c0328616_06445255.jpg
この2年間で買った帽子は15個ありました。
あと何個コレクションが増えるかは見当もつきませんが、今年も1ヶ月あまり、サザンの歌にもあるように「今年の出来事がすべて好きになる」様に、2015年のラストスパートをしたいと思います。

[PR]
# by new-york-story | 2015-11-09 10:06 | LIFE | Comments(0)
♪真夜中のラブコール♪
昨夜は初めてSunday Night Footballを観てきました。
全米で唯一行われる日曜日の夜の試合。
試合終了時間は東部時間では夜中の12時になることもあります。
いつも日曜の夜は「みんな好きだなぁ」と思いながらテレビを見てましたが、折角の機会、前日に睡眠をたっぷりとって出掛けてきました。
c0328616_09050475.jpg
カードはNY Giants対SF 49ers。
過去の対戦成績は、レギュラーシーズンは15勝15敗、プレーオフは4勝4敗と言う全米屈指の好カードです。
Port Authority(バスターミナル)からスタジアムへの直行バスの中から、レプリカジャージーを纏ったファン同士の戦いが始まっていました。
かつては熱烈なSFファンだった私としてはちょっと複雑ですが・・・。
c0328616_09060044.jpg
肝心の試合は、シーソーゲーム!
隣では、SFファンのお母さんとNYファンの娘が微笑ましく喧嘩しながら観戦してました。
テレビを見ている知人からは「今の見ました?」メールがガンガン来ます。
スタジアムで観てるんだけど・・・。
残り2分を切ってから再び逆転されたNY、最後の攻撃。
絶体絶命の残り30秒で、逆転タッチダウンパスがスタジアムを歓喜の嵐に包みました。
恐らくこの2年間でNY Giantsのベストゲームだったと思います。
パスが通った瞬間のスタジアムの地響きを皆さんにお伝えできないのは残念です。
c0328616_09071078.jpg
帰り道、会う人会う人、警備員も含めてハイタッチの嵐。
日付の替わったスタジアム前に"Let's Go, GIANTS!"のコールが鳴り響きます。
バスを待つ長蛇の列に並び、無事に真夜中の2時過ぎに家に着きました。
次回は大学時代の友人とダラス戦。
寒くないといいな。




[PR]
# by new-york-story | 2015-10-13 09:59 | SPORTS | Comments(0)
暑さ寒さも・・・
2週間ぶりのマンハッタンはすっかり秋の様相。
それどころか初冬の趣すら感じます。
日本で帰国直前に彼岸花を見かけましたが、いずこも同じですね。
c0328616_13060832.jpg
ローマ法王のNY訪問、国連総会と重なり、マンハッタンはあちこちで交通規制でした。
今回の一時帰国は、11月に東京出張も決まっているので、牛丼、やきそばパン、イチゴチョコ、物欲よりもしっかり食欲を満たしました。
c0328616_13071987.jpg
それにしても、空港のDuty Freeで白州を買おうとしたら、なんと、500ドルのプレミアムボトルしかない・・・。
今度はどっかで調達して帰らねば!
c0328616_13064644.jpg
今宵は同世代単身者3人で、食事&昭和縛りのカラオケでした。
これ何の歌か分かります?
c0328616_13143467.jpg
c0328616_13105039.jpg
c0328616_13130374.jpg
昼間は衣替えと部屋の整理をしました。
BGMは中森明菜、秋の定番、紙ジャケの『Possibility』。
これとサザンの『人気者で行こう』を大学1年の秋から冬、学園祭の頃によく聴いていた想い出があります。
c0328616_13135400.jpg
そういえば金髪の演劇メイクのまま電車に乗っていたっけ・・・。
今思い出すとかなり恥ずかしい・・・。
今日は1ヶ月ぶりの美容院。
もう一度、George Cloony!
TAKEさん、残念ながらCloony Styleはお見せできないので、今度そちらに遊びに行きますよ!
c0328616_13455221.jpg
それでは、夏にお会いできなかった皆さん、11月秋の味覚にお付き合いください!



[PR]
# by new-york-story | 2015-10-04 22:34 | LIFE | Comments(0)
♪夏をあきらめて♪
明日、マンハッタンに帰ります。
2年前のこの時期に単身渡米しました。
マンハッタンの秋色の風が折れている鎖骨に染み入ったのを覚えています。
c0328616_10373868.jpg
去りゆく夏を惜しみ、江の島で最後の夏の雰囲気を味わってきました。
かつて行った入り江の和食の店から江の島が遠くにぼんやり寝てるのが見えました。
c0328616_10365339.jpg
タイミング良く、ラグビーの歴史的勝利に立ち会うことができました。
あまりに有名な最後のプレーで同点のゴールキックではなく逆転のトライを狙ったのは選手の決断だったとの事。
勝負よりその姿勢に本当に感動しました。
ラグビーと私の接点は高校の体育の授業で3年間かじった程度(クラス対抗戦はずっとSHでした)ですが、そんな私でも思わず涙が・・・。
c0328616_10390193.jpg
また、アメリカではなかなか結果の出ない石川選手が帰国1戦目で優勝をしました。アメリカでは守りに入っている印象ですが、今回は彼の特徴である、ややもすると無茶とも言われた10代の頃の攻めのプレースタイルが前面に出ていた気がします。アメリカに渡り2年、仕事にも生活にも慣れた私にとっては挑戦する勇気をもらった気がします。まずは、新しいフレンチレストランの開拓かな(笑)。
c0328616_10384756.jpg
実は、なんとなく最後の夏かもしれないなぁと思い、秋にアメフトの試合を3試合予約しました。と思ったら、折りしもこの秋から仕事の内容がガラッと変わり、20年ぶりに古巣の仕事に復帰することに。この先、いつまでNYライフを続けられるか分かりませんが、気分新たに、初心に戻ったつもりで頑張りたいと思います。
c0328616_10401592.jpg
今回は会いたくて会えなかった人が多くいます。
11月に出張で来る予定です。
秋の味覚にお付き合いください。

[PR]
# by new-york-story | 2015-09-21 10:42 | LIFE | Comments(0)
♪Vienna♪
今回のタイトルは"The Stranger"から"Vienna"
♪Slow down, you, Crazy Child♪ということで、1泊2日で熱海のSlow Lifeを満喫してきました。
昼過ぎに家を出て3時を目指してチェックイン。
去年の夏も宿泊した、常宿です。
c0328616_17495720.jpg
去年に比べて熱海駅前は思いのほか観光客が多くびっくりです。
ホテルでマッサージを受けながらの四方山話では、駅前が来年までに再開発される予定で、今年は花火大会も大盛況だったとのことでした。
去年と今年の違いは箱根の影響としか思えないのですが・・・。
c0328616_17491612.jpg
朝日に照らされる初島を眺めながらの露天風呂。
幸せな瞬間でした。
c0328616_17501055.jpg
散歩がてら寛一とお宮の銅像まで歩く道すがら、ふと、熱海の景色が南欧に見えてきました(行ったことないけど・・・)。
c0328616_17493598.jpg
どうやら熱海は日本のモナコと言われてるらしいです。
なんとなく雰囲気が伝わってきてしまった。
若い頃とは違う熱海の一面を見た気がします。
我が家から電車で1時間足らず。
もっと頻繁に来てもイイかなぁと思った小旅行でした。
明日の昼間は鎌倉散策、夜は日本橋で会食。
わがままを聞いてもらい季節外れの鍋料理。
楽しみです。
[PR]
# by new-york-story | 2015-09-15 17:52 | SIGHTSEEING | Comments(0)
♪Until the Night♪
台風の影響が懸念されましたが、何とか日本に到着しました。
今回の機内映画は思いのほか不作で、結局、3本だけでした。
洋画は最新作ではなく、旧作のみ。

Mamma Mia(メリル・ストリープ、恐るべし)
Cocktail(初めて見ましたが、トム・クルーズが人気があるのが分かる)
ビリギャル(これ、想像より良かった)

CAも著しくプロ意識に欠け、かなり不満の残るフライトでしたが、それでも日本に戻ったことに免じて、恩赦です。
c0328616_06415876.jpg
着いた日は、何とか夜まで踏ん張って、時差を解消。
翌日はまずは行きつけの蕎麦屋で新メニュー、薬膳そばを食しました。
最近の第二次松嶋菜々子マイブーム到来を受け、思わず『利家とまつ』をゲットしてしまいました。
和装もまた、いとをかし!


[PR]
# by new-york-story | 2015-09-13 08:05 | LIFE | Comments(0)
♪Souvenir♪

♪A picture postcard♪

c0328616_06185682.jpg
♪A folded stub♪
♪A program of the play♪
c0328616_06192651.jpg
Billy Joelのコンサートのクロージングの定番曲。

この3連休でお土産も揃い、明後日から予定通り2週間一時帰国します。
ちょうどこの秋からオフィスのロケーションも変わり、仕事の内容も変わりました。
これまでの想い出、ひとまずFile Away。
日本でリフレッシュしてこの2年間をリセット。
新たな気分でこちらに戻って来たいものです。
戻ったら心機一転、料理でも習いに行こうかな!

[PR]
# by new-york-story | 2015-09-08 11:52 | LIFE | Comments(0)
♪Uptown Girl♪
今日、美容院を変えてみました。
家から5分のメトロポリタン美術館のすぐ近くにあるアッパーイーストの美容院。
きっかけは、とある縁でそこのカラリストと知り合いになり、「是非一度来て下さい」と言うことで日本人ヘアスタイリストを紹介してもらいました。
トップスタイリストが映画『シザーハンズ』のモデルになったというサロンです。
日本にも表参道で展開しています。
c0328616_13364454.jpg
ドキドキしながら、家を出る時は持っている中で一番高いTシャツを着ていきました。
私の好きなあの女優もこの店のお客らしいのですが、私の担当をしてくれたスタイリストは日本人スポーツ選手の奥様とかアメリカに住んでいるベテラン歌手も担当しているとの事(そんなこと話していいのか?という思いもありますが)。
店内にはUptown Girlがたくさん。
Gossip Girlの世界です(見たことないけど)。
席に案内されて最初の5分間は”ディスカッション”。
髪質を確認しながらどんな髪型にしたいか、など雑談。
ディスカッションの最後に「仕上がりのイメージはありますか?」と聞かれ、もじもじしながら「ジョージ・クルーニーみたいに・・・」と。
実は、ケビン・コスナーと迷ったんですが・・・。
そこはプロ。
冷静に受け止めてくれました。
c0328616_13330429.jpg
仕上がりはさすがです。
どうあがいてもジョージ・クルーニーにはなりませんが(涙)。
ただお値段は、いつも通っているミッドタウンの美容室の2倍(その美容室でも地場の平均的な美容院の2倍から3倍するのです)。
話を聞くと、どうも日本人の男性は圧倒的に少ないらしいです。
同僚に宣伝してみようかな・・・。


[PR]
# by new-york-story | 2015-09-06 21:01 | LIFE | Comments(2)
♪I've Loved These Days♪
昨日、久し振りに大学時代の友人に再会しました。
共通の知人を通じ私がNYにいることを知り、連絡をくれたのです。
大学時代は結構話してましたが、卒業以降、最後に会ったのがいつかも思い出せないほど久し振りでした。
もしかしたら、20年以上かも。
不思議なものですね。
再会した瞬間から、気分は学生時代。
学生生活4年間を肴に、あっという間に日付が変わりました。
あの時自分が知らなかったこと、気になってたこと、色々聞いてビックリしたり、気恥ずかしいような、複雑なような、新鮮なような・・・。。
残念ながら次の日は私がゴルフだったので、次回の再会を約束してお開きです。
c0328616_10261504.jpg
と言うことで、今日はゴルフでした。
ラウンド後はThe Barclays Golf Tournamentまで足を伸ばしてきました。
ゴルフは散々な結果・・・。でもその後のプロトーナメントは良かった。
石川遼には間に合いませんでしたが、松山英樹はしっかり見ることが出来ました。
日本でも何回か観戦に行きましたが一番大きな違いは観客の層の広さ、老若男女、万遍なくいる感じです。
明日から帰国に向けて本格的に買出しです。
リクエストはお早めに。


[PR]
# by new-york-story | 2015-08-30 10:50 | LIFE | Comments(0)
残暑お見舞い申し上げます
まだまだ日本は暑さが厳しいようですが、如何お過ごしですか。
NYでの二度目の夏は思いのほか凌ぎやすい日々です。
8月のこの時期でも朝晩はひんやりするほどで、去年の暑かった印象とはちょっと違う感じ。
c0328616_06171520.jpg
来月、夏休みで一時帰国します。
そして9月でちょうど丸2年。
「もう2年?」、「まだ2年?」。
どちらかと聞かれれば「もう2年」かな。
こんな歌がありました。
♪夏が終わると冬が来る。ホントに早いわ♪
3年目は身も心もShape Up!したいと思います。
ここにこうしているのも人生の巡り合わせ。
限られた時間の中で心身ともに贅肉をそぎ落とし、切れと潤いのある生活をしたいと思います。
c0328616_06174057.png
一時帰国に向けて、ダウンタウン界隈を散策しました。
タイアップ効果か、久し振りのあの本屋にも結構観光客がいてビックリです。
c0328616_06190883.jpg
皆さんもくれぐれもお体にはご自愛ください。
それでは、近いうちに。

2015年
晩夏

[PR]
# by new-york-story | 2015-08-17 10:21 | LIFE | Comments(0)
ドーナツと本屋
今週は学生時代の友人のご主人と息子さんが遊びに来ました。
友人から連絡をもらい、折角なので我が家にお泊り頂いて。
彼女の見立てとの事ですが、一人暮らしの心に染み入る救援物資の数々。
c0328616_05331420.jpg
ウェルカムディナーは、グランドセントラル駅にあるNBAのレジェンドの名前のステーキハウス。
ちょうどレストランウィークの最中で、大人2人がディナーコース、中学生の息子さんはハンバーガーを頼みました。
初めて来ましたが、開放的で雰囲気も良く、美味しかったです。
c0328616_05333517.jpg
日本から人が遊びに来ると、僕も色々研究するのでイイ刺激になります。
最終日の今日は、5番街をそぞろ歩いてミッドタウンまで行き、ロックフェラーセンターを見てからコロンビア大学に行きました。
c0328616_05424546.jpg
こじんまりした大学でしたが、さすが名門、思わず学生に戻りたくなりました。
c0328616_05343160.jpg
さて、今般日本のとあるドーナツチェーン店がNYの老舗のブックストアとのタイアップを始めたと言う記事を見ました。
c0328616_05432990.jpg
ビレッジのユニオンスクエアの近くに本店を構えるこの書店、そのトートバッグはデザインが良く、私のお気に入りでした。
日本ではまだ知っている人が少なくメジャーとは言い難かったのですが、まさかこんなタイアップが始まるとはちょっとビックリです。
多くのアメリカ文化が日本に進出し、そして多くの日本の文化もこちらで展開されています。
次に何が日本に進出して流行るか・・・。
たぶん、あれだな。
今度戻る時に、トートバッグお土産にまた買って帰ろうかな・・・。



[PR]
# by new-york-story | 2015-08-09 09:48 | LIFE | Comments(0)
夏の想い出
先日、アッパーイーストのベーカリーでブランチをしました。
今でこそ日本にも多く展開してますが、10数年前に当時住んでいた白金高輪に第1号店が出たときに何度か通った店です。
c0328616_09431311.jpg
パリのフィガロ誌で世界No1と認められたクロワッサン。
一つ3ドルのアッパーイーストプライスです。
c0328616_09433015.jpg
NYに来る前は毎年8月第1週におじさん4人で那須に1泊2日、2プレーでゴルフ合宿をしていました。
かれこれ10年続いていた掛けがえのない企画でした。
プレーの後は近くの温泉で汗を流し、すし屋で反省会兼次の日に向けた決起集会。
その後はロッジでアルコールと乾き物で全英女子オープンゴルフの観戦が定番でした。
ネットで全英女子オープンの結果を見て、ふと思い出し、なんかセンチメンタルになってしまいました。
c0328616_09434544.jpg
来週は、学生時代の友人のだんなさんと息子さんがNYに遊びに来るので、折角なので我が家にお泊り頂きます。
男の子が泊まるのは初めてです。
ちょっと楽しみ。

[PR]
# by new-york-story | 2015-08-01 12:09 | LIFE | Comments(0)
ボストンでパーティを!
先週末はボストン小旅行。
JFKから飛行機で約1時間。
早朝のフライトでボストン空港に入り、地下鉄で市内に向かいました。
c0328616_10252185.jpg
まずは定番の”Freedom Trail”から。
歩道にレンガが埋め込んであり、それを辿りながら歩くと、主だった名所が観て回れます。
c0328616_10395793.jpg
約4キロの行程を3時間掛けてゆっくり歩きましたが、歴史が語りかけてくる雰囲気や当時を偲ばせる佇まいにすっかり魅せられてしまいました。
何となく神戸を散策した時を髣髴とさせる感じもありますが、何故か京都と姉妹都市らしい。
c0328616_10240204.jpg
ダウンタウンにあるアメリカ最古と言うレストランで本場のシーフードランチ。
c0328616_10262219.jpg
ガーリックバター溢れるムール貝を前菜に、お互いに半ダースのオイスター。
c0328616_10274117.jpg
c0328616_10270184.jpg
メインはLobster Salad Rollで、相方はHomemadde Lump Crab Cake。
c0328616_10283169.jpg
満腹になり、今度はHarvardとMIT観光。
c0328616_10293412.jpg
MITは堤真一演じる欧介さんが最初に数学の研究をした大学で、今回の隠れ目的地。
c0328616_10312396.jpg
夕方になり、ひとまずホテルに戻り軽く休んだ後、いざ、今回の目玉企画、フェンウェイパークのレッドソックス対ヤンキース戦へ!
前回のヒューストン同様、折角なのでバックネット裏を奮発しました。
c0328616_10324922.jpg
フェンウェイパーク球場は現存する最古の球場で、『フィールド・オブ・ドリームス』でも象徴的なシーンで出てきます。
レフトスタンドの”グリーン・モンスター”をはじめ、ヤンキーススタジアムとはまた違う、古き佳き野球場の雰囲気は鳥肌ものでした。
c0328616_10322583.jpg
イニングの合間には、♪Saturday Night (Bay City Rollers)♪、♪Take on Me (A-Ha)♪、♪Thriller (Michael Jackson)♪、♪Message in a Bottle (The Police)♪、などが流れ、僕たち世代は絶唱モード。
みんなものすごく楽しそうで、”Ball Park”という意味が分かった気がします。
前の席の女性は彼氏(旦那さん?)よりもハイペースでビールを飲み続け、すっかり酔っ払い、僕たちにスマホで写真を見せながら愛犬自慢を延々としてました。
c0328616_10335199.jpg
この日ばかりはボストンに魂を売り渡し、レッドソックスのキャップをかぶりながら上原の登板を心待ちにしている自分に気づく・・・。
最終回、5-3でリードしたまま上原の登板で、球場の盛り上がりはクライマックスへ。
上原の好投でレッドソックスが勝利を収め、誰彼ともなくハイタッチ。
c0328616_10343170.jpg
すっかり上機嫌でホテルに引き揚げました。
c0328616_10352407.jpg
c0328616_10360186.jpg
翌日はややゆっくりと起きて、市内のマーケットを散策の後、ウォーターフロントでクラムチャウダーブランチでフィナーレ。
c0328616_10382901.jpg
c0328616_10380164.jpg
c0328616_10390293.jpg
とかくライバルとしてライバルとして語られるボストンとニューヨーク。
なぜアメフトのチームがPatriotsというのか、今回実感しました。
恐らくボストンで生まれ育った人にとっては、ニューヨークもサンフランシスコも、ボストン以外はどこもみんな同じなんだろうなと思います。
今度は美術館とオーケストラかな。
「また行きたいな」と思ったボストン旅行でした。
とは言え、JFKから戻る道すがら、摩天楼を見るとほっとしてしまうのもまた一つの真実なのですが。


[PR]
# by new-york-story | 2015-07-14 10:54 | SPORTS | Comments(2)
私の王様
"King and I"を観ました。
先日行われたTony賞をテレビで見て、折角NYにいるならやはり『王様と私』は観なければと。
狙った日の最後の2つのオーケストラ席を確保、2枚で354ドル。
ユーモアありペーソスあり、プライスレスな素晴らしい3時間でした。
Tony賞・最優秀主演女優賞のケリー・オハラはさすがでした。
c0328616_08320601.jpg
それにしても「渡辺謙が今、この舞台にいる」ことに思いを馳せずにはいられません。
なぜ、ハリウッドでの名声があるのにブロードウェイに来るのか。
なぜ、55歳で本職ではないミュージカル、しかも慣れない英語で挑戦するのか。
失敗すればボコボコにされるリスクも少なからずあるのに・・・。
リンカーンセンターの劇場近くにアパートを借りてかりそめの単身生活との事。
稽古には自分で作ったオニギリを持参していると言う・・・。
「単身赴任で自分でオニギリ」にシンパシー。
観客は彼のユーモアに敏感に反応し、爆笑が沸き起こることもしばしば。
ここまでの道のり、果たしてどれくらい苦労があったのだろうか。
周囲の目も必ずしも優しくなかっただろうに・・・。
c0328616_08313143.jpg
トニー賞の表彰式でのケリー・オハラの受賞スピーチ、"Ken Watanabe, You are my King!"に涙した彼の姿がオーバーラップして、観劇中に感激のあまり涙腺が緩んでしまいました。
c0328616_08340928.jpg
彼の演技を初めて観たのは伊丹十三監督の1985年の作品、『たんぽぽ』。
山崎努の相方の若くてカッコいいお兄さんでした。

c0328616_08305969.png

舞台が引けた後、謙さんとケリー・オハラの二人にサインをもらい、それぞれとツーショットの写真を撮らせてもらいました。
c0328616_08302980.png
この距離感はNYだからなせるもの。
僕がNYにいた証であり、そして、一生の記念。
巡り合わせだなぁ。


[PR]
# by new-york-story | 2015-07-04 10:50 | LIFE | Comments(0)
テキサスの熱い夜
先週末、ヒューストンに旅行してきました。
c0328616_12360364.jpg
目的は、旅行先でヤンキース戦を観ること。
早朝のフライトでヒューストン入りした途端、南部の熱波が歓迎してくれました。
空港から市内まではタクシーで30分60ドル、バスで1時間1ドル25セント。
急ぐ旅でもなく、路線バスでのんびり景色を楽しみながら市内に向かうことにしました。
のどかに景色を眺めていくはずが・・・色んな人が乗ってきて・・・やはり安いには安い理由がありました。
同行者共々、緊張の1時間。
まぁ、いい想い出にはなりましたが。
c0328616_10303142.jpg
ホテルの近くのスポーツバー&グリルで南部料理のランチプレート。
サザンホスピタリティ溢れる雰囲気の中、美味しいランチでした。
c0328616_10323833.jpg
対戦相手のアストロズの本拠地・ミニッツメイドパークは1年中快適な開閉式ドーム球場。
今回は奮発してバックネット裏のちょっとイイ席を予約しました。
c0328616_10373573.jpg
ヤンキースタジアムとはぜんぜん雰囲気が違う。
これだけ地元の独自性がある野球はアメリカの文化なんだと実感した次第。
試合開始前の国歌斉唱では、いかにも元軍人然とした老紳士たちは、国旗が収められるまでは決して席に座りません。
星条旗への忠誠心もアメリカらしさの一つでしょう。
c0328616_10375448.jpg
ヤンキースの先発は運が良いことに田中将大。
アウェーのヤンキース観戦はとても新鮮なものになりました。
c0328616_10380733.jpg
A・ロッドへのブーイングの凄いこと。
ここ一番でのホームチームへの応援は、メリハリが効いていて本当に素晴らしい。
c0328616_10245760.jpg
野球が好きで、心から地元のチームを愛している気持ちがストレートに伝わる応援です。
田中投手は残念ながらKOされましたが、試合はヤンキースが乱打戦を制して勝利。
決勝点が入った時の周囲のヤンキースファンとのハイタッチは爽快でした。
その後の夕飯はジャズレストランでアメリカン・キュイジーヌ。
食後のデザートとともに、バンド演奏が始まりました。
c0328616_10252439.jpg
いかにもテキサスらしいおじさんたちが登場し、冗談のつもりで「ビートルズのコピーかもよ」と言った直後のオープニングが"Norweigian Wood"だったのはビックリ!
c0328616_10260456.jpg
ビートルズナンバーも含めバラエティに富んだセッションが終わり、ホテルに戻ると即意識不明に・・・。
c0328616_10262428.jpg
翌日はBreakfast Buffetの後、市内観光バスツアーに参加し、ヒューストンのトリビア・タイム。
ヒューストンが全米4番目の都市というのは軽い驚き。
c0328616_10314406.jpg
c0328616_10311489.jpg
改めてアメリカの広さを実感し、マンハッタンでの一人暮らしを客観的に見つめ直すイイ機会になりました。

[PR]
# by new-york-story | 2015-06-30 12:28 | SIGHTSEEING | Comments(0)
聖地でブランチ
天気も良く、久しぶりにビレッジ界隈を散策しました。
c0328616_04484564.jpg
お目当てはアメリカドラマの大ヒット作、"Friends"の舞台となったアパートの1階にあるカフェレストランでのブランチ。
"Friends"大好きな知人と待ち合わせして11時前に店に入りました。
以前、映画『幸せのレシピ(No Reservation)』のロケ地を巡ったときにここにも来たのですが(http://turnstile.exblog.jp/22485282/)、その時は閉店間際で入れませんでした。
週末は朝9時から午後2時半までの営業。
まさにブランチ限定です。
c0328616_04501733.jpg
店の前にはツアーの観光客がひっきりなしに来ています。
10年以上前に終了したドラマですが、今でも根強い人気が伺えますね。
店に入ると"Do you have a reservation?"
すかさず、"No Reservation"と答えましたが、ユーモアは通用しなかった・・・。
c0328616_04491186.jpg
店の中は思っていたよりずっとこじんまりとしていて、そんなに多くのお客は入れません。
唯一空いていたカウンターに案内され、私はオリジナルのGravy Meatball Sliders、知人はWhole Wheat Pancakeとそれぞれ飲み物。
c0328616_04493722.jpg
c0328616_04495653.jpg
こちらは、この手のメニューは本当に美味しいですね。
最初は少ないかなと思いましたが、思ったよりボリューム感があり、満腹です。
腹ごなしに近くのコーヒーが美味しいという隠れ名店?でアイスコーヒー。
その後で中華街に足つぼマッサージに行ったのですが、こちらは予約なしであえなく撃沈。
やっぱり人気店は予約が必要ですね・・・。
c0328616_04504384.jpg
この週末はヒューストンにヤンキース観戦旅行。
うまく田中投手の登板日になると良いのですが!

[PR]
# by new-york-story | 2015-06-22 09:58 | SIGHTSEEING | Comments(0)
雨のマンハッタン
♪Manhattan in the Rain♪

朝からマンハッタンは雨でした。
今日はヤンキース対マーリンズ。
田中投手とイチローの生涯初対決でした。
c0328616_10025757.jpg
この週末、久し振りに映画館で映画を観ました。
封切り直後の『ジュラシック・ワールド』。
1993年に一世を風靡した『ジュラシック・パーク』から4作目に当たります。
その第1作で計画された恐竜のテーマパークがオープンする設定。
サスペンスとコメディがお気に入りの私としては何が何でも観たいという程ではなかったのですが、メディアの前評判も高く、折角ならDVDではなく劇場で見ようかということで、知人とブロードウェイ近くの日本食レストランで待ち合わせ。
c0328616_10023179.jpg
ちょっと奮発したランチの後、タイムズスクエア近くの映画館を目指しました。
到着した上映の30分前ではまだ6割の入りでしたが、上映開始の時は満席。
ドキドキして、ビビッて、スカッとして・・・面白かった。
エンディングロールと共に拍手の嵐。
あっ、みんなこういうのが好きなんだ・・・と実感
その日の夜のニュースで、公開直後の週末(金・土・日)の興行収入ではハリーポッター2を抜いて歴代1位になったと伝えていました。
日本では8月上旬公開との事。
夏休みで帰る時の機内で上映しているかもしれませんね。
c0328616_10042231.jpg
メトロポリタン美術館の年間会員の更新時期となりました。
この1年間で十分に元は取れました。
基本的にはブランチとセット。
地下のカフェテリアがお気に入りです。
自分の年会費がフェルメールやゴッホに使われていると思うとちょっと嬉しい。
c0328616_10112503.jpg
日本から来たお客さんを会員専用のレストランにお連れすることも出来ますよ。
今度『メトロポリタンの食卓』でも書いてみましょうか?

[PR]
# by new-york-story | 2015-06-16 12:31 | LIFE | Comments(0)
ささやかな贅沢
ある休日。
エッグ・ベネディクトの朝食。
「ブランチの女王」と呼ばれるカフェで、ジャムセットが有名です。
日本にも進出していて、朝9時の時点でたくさんの人が待ってました。
予約しておいて良かった。
c0328616_04294192.jpg
フレンチトーストも有名らしいのですが、ここは迷わずClassic Eggs Benedict。
c0328616_04292403.jpg
中森明菜の最新のアルバムのタイトルも『My Eggs Benedict』でした。
評判に違わず、美味しかった。
c0328616_04321760.jpg
お腹が一杯になったので、ランチはスキップ。
朝食のつもりが文字通りブランチになりました。
午後は、こちらに来て初めてセントラルパークをサイクリング。
c0328616_04305307.jpg
折角自転車を持ってきたのに、鎖骨骨折とか、他にもあれやこれやで腰が重かったのですが、遂に”公園デビュー”しました。
いつも見慣れている景色が新鮮で、これまで行ったことにないところまで足を伸ばしながら、ゆっくり走って1周30分強。
結構アップダウンがあるので2周するとちょうどいい運動になります。
上り坂の途中で、"Water, Water"と絶叫して水を売っている人がたくさんいました。
さながら、マラソンの給水ポイント。
ジムのバイクとは開放感がぜんぜん違いました。
久々に新鮮な景色の中を自転車に乗ってワクワクしました。
次回は本を持ってきて、途中で休んで読もうかな・・・。

[PR]
# by new-york-story | 2015-06-10 10:02 | LIFE | Comments(0)
ある晴れた日に・・・。
Get Back in Zoo Again!
c0328616_08391997.jpg
ニュー・オリンズの動物園以来、20年振りにアメリカの動物園に行って来ました。
c0328616_08533340.jpg
マンハッタンから地下鉄で30分程度、北上したところにあります。
上野、多摩、金沢、ズーラシア、そして旭山と日本を代表する動物園に行きましたが、アメリカで行く動物園は久し振りなので、結構、楽しみでした。
c0328616_08541410.jpg
やはり日本との違いは敷地の広さ。
世界で2番目らしいのですが、やはり広いなぁというのが実感です。
ただ広いだけでなく、飽きないように色々と趣向を凝らしていて、来園者が楽しめる造りはさすがエンターテインメントの本場。
見たい動物がすべて見れたので満足です。
c0328616_08551470.jpg
昼ごはんも園内で食べましたが、私はハンバーガー、知人はターキーサンドイッチ。
ターキーサンドイッチも食べさせてもらいましたが、ハンバーガーともども、思いのほか美味しかった。
c0328616_08544149.jpg
非日常感満載でとても楽しい時間でした。
明日の朝は、アッパーイーストのエッグ・ベネディクトで有名なカフェでブランチの約束。
僕のNYライフも随分と潤いが出てきました!


[PR]
# by new-york-story | 2015-06-07 10:25 | SIGHTSEEING | Comments(0)
Wine、始めました
とあるご縁で良質のワイン、5本頂きました。
突然小さなワインセラーが出来た感じ。
ちょっと嬉しい。
問題は、いつどれから飲むか・・・。
これまでは人に薦められるまま、「これ美味しい!」とか「うーん、いまいち」とか、刹那的で場当たり的な飲み方。
美味しくてもほとんど覚えていない・・・。
これを機会にワインを嗜んでみようかな。
c0328616_08173044.jpg
ワインはジャズに似ている気がします。
そのジャズを僕に指南してくれた”恩人”が二人。
c0328616_08144294.jpg
そのうち一人はかつて15年以上前に、阿佐ヶ谷で初めてジャズバーに連れて行ってもらいました。
バーカウンター越しに並ぶレコード。
「どんな曲が聞きたい?」
「良く分からないので、ピアノが中心で、耳に優しくて、いわゆる”ジャズ”っぽいのが・・・」
リクエストしてくれたのはビル・エバンスの"Bill Evans at the Montreux Jazz Festival"。
c0328616_08245547.jpg
ワインのソムリエのように、TPOでジャズを選曲できたら楽しいだろうな。
すっかりそのレコードに魅せられた私は、すぐに『モントルージャズフェスティバルのビル・エバンス』のCDを購入しました。
自分で買った初めてのJazzのアルバムです。
c0328616_08232668.jpg
「ビル・エバンスを極めてもいいし、ピアノが好きならピアニストでも、或いは参加しているメンバーでも、まずは色々聞いてみると自分のスタイルが見つかるよ」
この一言がとっつきにくいJazzの扉を開けてくれました。
c0328616_08235504.jpg
もう一人は当時行きつけだった美容院の店長。
趣味で自転車を始めたのも彼の影響。
月に一度のサロンで過ごす時間は、オフの彩りが濃くなるようで、とても貴重なものでした。
ビル・エバンスに始まり、多くの名盤にたどり着き、また、マーカス・ミラー、セルジオ・メンデス、チック・コリア、スタンリー・クラーク、ウェザー・リポート(ジョー・ザビヌル)、マイク・スターンそしてラリー・カールトンをはじめ、多くの現役のプレーヤーを生で見る機会を得ました。
こちらに来てからも折に触れて聞きたいと思うのは二人のおかげだと思っています。
c0328616_08242420.jpg
「どんなワインが飲みたい?」
「良く分からないので、白で、フルーティで、いわゆる”ワイン”っぽいのが・・・。」
色から極めるか、産地にこだわるか、テイストで広げるか。
相性の良いワインとの出逢いはタイミング。
色々試してみようかな。

[PR]
# by new-york-story | 2015-06-01 08:58 | LIFE | Comments(0)
想い出作り
この週末はメモリアルデー、アメリカでは数少ない3連休でした。
土曜日は人を招き、我が家ですき焼きパーティ。
ダウンタウンの専門店でちょっと高めの肉を調達してささやかな贅沢。
日曜日は、友人の誘いで、夕方からブルックリンにあるNY屈指のステーキハウスに予約なしで挑戦しました。
ZAGATで過去20年以上に亘りNo1ステーキハウスに選ばれている名店です。
c0328616_00321720.jpg
1時間半から2時間待ちを覚悟しつつ、レストラン入り。
3連休は家族と家で過ごす人が多いのか、奇跡的に1時間待ちと言われました。
誘ってくれた友人が貸してくれた本を読みながらテーブルを待つ。
原田マハ女史の『ジヴェルニーの食卓』。
書評欄で記事を目にしたことはありましたが、読むのは初めてです。
読み始めて間もなく、うれしい誤算。
思いのほか早く、30分足らずの待ち時間でテーブルに案内されました。
二人だったのが良かったのかもしれません。
c0328616_00335670.jpg
スターターにアメリカンビールと人気のトマトとオニオンのスライスと付け合せの定番Creamy Spinachを頼み、メインはSteak for Twoと相性のいい赤ワインをセレクト。
c0328616_00332288.jpg
c0328616_00354726.jpg
c0328616_00345662.jpg
c0328616_00382919.jpg
絶妙のタイミングでAppetizerからMainへと切り替わり、ジュー、という音とともにやってきたステーキは評判通り美味でした。
最後に名物の口直し、コイン型のオリジナルチョコ(店名の刻印?!入り)。
程よい甘さでおいしかった・・・。
c0328616_00390239.jpg

連休最終日の今日、月曜日もイイ天気。
ブランチの後、『ジヴェルニーの食卓』を携え、セントラルパークで気の向くまま読書をして過ごした午後。
ちょっと日焼したかもしれない。
ミディアムレアくらいにしておかないと・・・。


[PR]
# by new-york-story | 2015-05-26 09:38 | GOURMET | Comments(0)
素敵な夢を叶えましょう
ブルックリンの恋物語。
c0328616_06423895.jpg
「10年後も20年後もあなたのそばには私がいる」

あのドラマの最終回のエンディングロールで使われたこのベンチからのマンハッタンの景色が見たくてここまで来てしまいました。
c0328616_06431904.jpg
遠くに女神を見ながら・・・。
c0328616_12295462.jpg
マンハッタンからBrooklyn Bridgeを歩くこと20分。
c0328616_06445255.jpg
橋には「愛の南京錠」がこれでもかと並んでます。
c0328616_06440602.jpg
夢を叶えた後は幸せ気分でランチ。
最近日本にも進出が決定したハンバーガーショップ。
マンハッタンほどは混んでいないので入りやすかった・・・。
c0328616_06512337.jpg
ビール日和に誘われるまま、Brooklyn Breweryで大人の工場見学へ。
場内ツアー開始を待つ間、ビールを飲んでいたらすっかりイイ気分に。
♪ビールを回せ、底まで飲もう!あなたが一番、私が二番♪
と言うわけで、見学ツアーは「まっ、次回でいっか」。
c0328616_06492594.jpg
ほろ酔い気分でミッドタウンまでフェリーで戻りました。
c0328616_12285024.jpg
それにしても、15年たっても世代を超えて人々を魅了してやまないこのドラマ。
最近はそういうドラマにはなかなかお目にかかれない気がします。

因みに、最近になって初めて『マンハッタンラブストーリー』を観ました。
タイトルとキョンキョンに釣られて観てしまいましたが、マンハッタンって・・・。

明日は我が家ですき焼きパーティです!
Spring Garlic買わなきゃ!

[PR]
# by new-york-story | 2015-05-23 13:05 | SIGHTSEEING | Comments(0)
ブルックリンでブランチを
と誘われ、初めてブルックリンに行きました。
ウィリアムズバーグの様な華やかな場所を想像していたのですが、まず案内されたのはマンハッタンから地下鉄で40分ほど南に向かったところにある、小さなベーカリー。
Pampkin Apple WalnutやBlueberryなど、色々なマフィンが定番の、地元では有名店らしい。
折角なので、私もChocolate Tip BananaとMangoを買い、コーヒー片手に目的地のレストランに向かいました。
c0328616_05380091.jpg
その店は、閑静な住宅街の中にありました。
折角なので、屋外のテーブルに案内してもらう。
続々とお客さんが来ましたが、どうみても地元の馴染み客です。
c0328616_05382282.jpg
Specialityの中から選んだのは、Fried Soft Shell Crab Sandwichとハーブ入りの自家製Lemonade。
静かな雰囲気で、美味しい料理。
究極の贅沢ブランチでした。
c0328616_05405388.jpg
マンハッタンに戻る道すがら、先週も寄った、Union SquareのFarmer's Marketで道草。
c0328616_05420840.jpg
知人のお目当ては、NYではこの時期しか食べれないSpring Garlic(日本では葉にんにく)と自家製ジュースに混ぜると言うKale。
さらにお薦めの自家製パスタの店を教えてもらいました。
c0328616_05413283.jpg
ブランチを食べるために片道1時間。
何故こんなガイドブックにも載っていないような店を知ったのかと聞いてみる。
ネットで評判のイイ店は取り敢えず行ってみるようにしてますとのこと。
私も、もう少し潤いのある、豊かな生活をしたいものだと実感した、ブルックリン・デビューでした。

[PR]
# by new-york-story | 2015-05-18 10:12 | LIFE | Comments(0)
恋する・・・。
フォーチュンクッキー。
c0328616_09205104.jpg
今日はセントラル・パークで年に一度のJapan Dayというイベントがあり、日本を伝える文化的なイベントや、模擬店、様々なゲストによるパフォーマンスが見られました。
今年の目玉はAKB48。
何となく一人で行くのは憚られ、知人と連れ立って行きましたが、やはりものすごい人でした。
c0328616_09213429.jpg
まさかの感動。
やはり、NYという異国の地でAKB48というとても日本的な存在に触れると、何とも言えない懐かしさがこみ上げてきます。
メジャーな曲ばかりだったのも良かった。
これは想定外・・・。
c0328616_09224083.jpg
昨日は知人に誘われ、某ファッションブランドの"Sample Sale"に付き合いました。
場所はビレッジのとあるビル。
女性モノ中心のブランドなので、誘われて、興味本位で付き合いがてら行ったのですが、駄目ですね。
物欲がこみ上げてきて、トートバッグ、冬用のニット帽、そしてTシャツを2枚購入してしまいました。
c0328616_09235401.jpg
その後、妄想力をかきたてる?念願のKatzでパストラミサンドを食べて、ビレッジ界隈をそぞろ歩き。
c0328616_09243822.jpg
美味しいベーグルショップやファーマーズマーケットで旬の野菜や焼きたてのパン、生で食べられる卵を買ったりするのに付き合っているうちに、僕も大いに刺激を受けました。
やっぱり同じ料理をするのでも美味しい素材を使いたいものですね。
潤いのある生活を送りたい。
頑張るぞ!


[PR]
# by new-york-story | 2015-05-11 09:54 | LIFE | Comments(0)
Wineな夜~涙のペイパービュー~
♪眠れないのよ、Starry Night♪
c0328616_07461514.jpg
昨日はメイウェザーとパッキャオの両雄が初めて対戦する世紀の一戦でした。
Pay per Viewは100ドル。
折角なので我が家に知人を招き、総勢10名で観戦しました。
試合開始は9時と聞き、6時集合、9時まで飲んで試合開始を待ったのですが、9時に始まったのは前座、しかもそこから2試合。
世紀の一戦が始まったのは日付が変わろうかという、12時前。
c0328616_07474966.jpg
それにしてもラスベガスに集まったセレブたちは凄かった。
テレビで紹介されていたセレブは僕が知っているだけでも、こんな感じ。
俳優陣はクリント・イーストウッド、ロバート・デ・ニーロ、ベン・アフレック、デンゼル・ワシントン、マイケル・キートン、女優はドリュー・バリモア、ダイアン・クルーガー。
スポーツ界からは、トム・ブレイディ、マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、シャキール・オニール、レジー・ミラー、アガシ&グラフ夫妻、マイク・タイソン。
さらに、パリス・ヒルトン、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、ドナルド・トランプ、ジェシー・ジャクソン、スティング・・・。
国歌斉唱はジェイミー・フォックスでした。
c0328616_07471903.jpg
ラスベガス空港はセレブのプライベートジェットで大渋滞だったらしい。
スーパーボールを凌ぐと言われる大型イベントでした。
ボクシングに限らず、期待が大きければ大きいほど、期待したとおりにならないものですが、今回は、予想通りになって欲しくないのに結果としてはその通りだったと言う感じ。
実際に観た印象と試合の勝敗は違うものだなぁというのが正直なところです。
c0328616_07492603.jpg
攻め続けたパッキャオ。
あと5年早く2人が会っていたら・・・と思わずにはいられませんでした。
思わず久保田利伸の"Missing"、♪出会いがもっと早ければ~と~♪。
今夜は、昨日のゲストが持参してくれたワインを飲みながら・・・『リベンジマッチ』でも見ようかな。


[PR]
# by new-york-story | 2015-05-04 10:14 | SPORTS | Comments(0)
今夜たった一人の人に
マンハッタンから地下鉄とバスを乗継ぎ1時間。
ブロンクスの一角にNYに来て以来一度は来たかった場所があります。
c0328616_09143579.jpg
15年前、ここでカメレオンが宙を舞いました。
c0328616_09155296.jpg
2000年の秋、バブル世代のハートをわしづかみにした僕にとっての史上最高の月9。
先日、飲んでいる時にこのドラマの台詞で盛り上がりました。
c0328616_09172725.jpg
まずはNYで働く自分へのエールと思って・・。

「ニューヨークに行ったって、
どうせすぐ逃げて帰って来るんじゃないの?
とっとと行っちゃえ!
行くなら一生帰って来るな!
今度は・・・・・絶対逃げんなよ!」

c0328616_09181493.jpg
満面笑顔の定番の決め台詞。
時々疑問文になるのが何とも言えず・・・。

「今夜はたった一人の人にめぐり逢えたような気がする(?)」

c0328616_09192618.jpg
しばらくマイブーム・・・。

「ばっかじゃ中目黒!なに祐天寺!」

「つまり、結論から言いますと・・・」

c0328616_09200733.jpg
そして、今日のこの場所での珠玉の、とっておきの一言。

「私には見えるんです・
10年後も、20年後も・・・貴方のそばには私がいる。
残念ながら、あなたといると私は幸せなんです」

c0328616_09214390.jpg
当時の私には、心のどこかにマンハッタンで働く自分の姿が見えていたのかもしれませんね。






[PR]
# by new-york-story | 2015-04-27 10:24 | SIGHTSEEING | Comments(0)
午後のWhisky
穏やかな日曜日。
週末のアッパーイーストは心地よい静寂に包まれます。
c0328616_06195842.jpg
最近、外食や酒の席がずっと続いていたので、今日はどこにも行かない日曜日と決めた。
二度寝してから、寝室の空気を入れ替え、本格的に目を覚ます。
c0328616_06220275.jpg
そしてブランチ。
蕎麦を茹でました。
レタスを敷き、トッピングは納豆、大根おろし、ねぎ、海苔、そしてシソの葉。
腹ごなしにジムで1時間、バイクで汗を流す。
シャワーを浴びて、テラスで薄めのJDを飲みながらリーガルサスペンスを読む至福の時間。
c0328616_06205588.png
ふと、こんな歌を思い出しました。

Once in a while, I think to myself,
I can't carry on without someone
Without someone to need...

高校生の頃流れていた、ジャン=マイケル・ビンセントのウィスキーのCMに使われたBGM。
Billy Fieldの♪You'll Call It Love♪
スティングを髣髴とさせる声と印象的なコピー、”私生活のウィスキー”。
「めんどうな事が嫌になった。その分酒が旨くなった」
「こうしていると喧嘩をしていた頃の自分に逢える」
c0328616_06244470.jpg
久し振りにYoutubeで当時のCMを見てちょっと新鮮な発見。
彼がジャグジーに入っていたシーンは、実はマンハッタンのビルの屋上でした。
c0328616_10541591.jpg
一日の〆は、映画タイム。
今日のチョイスは『バニラ・スカイ』
トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、そしてキャメロン・ディアス。
マンハッタンが満載の映画です。
c0328616_06274267.jpg
明日からまた頑張ろう!
そうだ!石川さゆりの♪ウィスキーがお好きでしょ♪も聴いてみよう!


[PR]
# by new-york-story | 2015-04-20 09:10 | LIFE | Comments(0)
金曜日の夜に
久し振りにゆったりとした金曜日の夜です。
c0328616_10443690.jpg
皮肉なことにダイエットを始めてから飲む機会が増え、あっという間にリバウンド。
疲れもあり、今日は誘いを明日に延期。
家で焼酎のジャスミンティ割り飲みながら本を読んだり、くつろぎの時間。
c0328616_10471502.png
Thank, God, it's Friday!
こちらにきてからこの言葉に込められた気持ちが良く分かる様になりました。
日本にいた時から優先順位の高い飲み会は金曜日。
それはそれでくつろいだものでした。
今はそれ以上に金曜日の夜が心地よい。
特に、今日みたいな雨の夜は、眠るのがもったいないくらいです。
c0328616_10473772.jpg
そもそも何でFridayって言うんだろう。
ネットで検索してみると、北欧の神話のFreija、愛の女神が語源らしい。
では、何故日本語で金曜日って言うんだろう。
部下に聞いてみる。
「なんで金曜日っていうか知ってる?」
「決まってるじゃないですか。金曜日はお金を使うからですよ!」
なるほど!

[PR]
# by new-york-story | 2015-04-18 12:00 | LIFE | Comments(0)
女子力アップ!
先週の月曜日はNCAAバスケットトーナメントの決勝戦でした。
我が母校が5度目の全米チャンピオン。
こんなに母校愛があったのかと思うほどこの2ヶ月は飲み会を断ってでも試合を見てました。
c0328616_09052525.jpg
アスリートを見てると、ダイエットにも力が入ります。
この2週間、そこそこ順調かな。
目標は1ヶ月1kgで6ヶ月。
次回の一時帰国にはNBA選手並みの引き締まった体で帰りたいと思います。
どうしても夜は飲みに行ったり、外食が多いので勝負は朝昼と休日の過ごし方。
これまでの朝ご飯は近くのDeli&Supermarketで焼きたてのクロワッサン。
Plain、Almond、Chocolate、Ham&Cheese、Chinnamonの中から選んでました。
美味しいんだけどカロリーが高めなんです。
昼は会社で仕出し弁当がメイン。肉系、魚系、どんぶり・麺系の3種類の中からチョイス。
c0328616_09001167.jpg
なので、オニギリ始めました。
一念発起して早起き、4つ作ってます。
海苔を巻いたり、ふりかけかけたり。
具材も昆布、梅干、その他、色々とローテーション。
で、朝はオニギリ2個と味噌汁、昼はオニギリ2個と近くのデリでサラダとスープ。
お気に入りのスープはCram Chowderです。
白のNew Englandと赤のManhattanがあり、いずれも美味。
午後はスパークリングウォーターで菓子断ちしてます。
c0328616_09024173.jpg
休日も、家にいる時はお気に入りの調味料でヘルシー指向の料理を。
c0328616_10103688.jpg
c0328616_09330325.jpg

c0328616_09441530.jpg
最近、こんな感じかな。
c0328616_09010335.jpg
と言いつつも・・・ここのところ飲み会が続いてました。
それでも前を向いて頑張りたいと思います。


[PR]
# by new-york-story | 2015-04-13 10:12 | LIFE | Comments(0)
♪私がオジさんになっても♪
チケットをもらったので、知人とNew York Auto Showに行ってきました。
c0328616_12062897.jpg
ジュネーブ、デトロイト、ロスアンゼルスとならぶ世界4大モーターショー。
小学生の時に晴海で開かれたモーターショーに行って以来でした。
何しろこちらに来る時に愛車をわずか1年で手放したので、帰国したらどんな車に乗ろうか、かなりリアルに見て廻りました。
c0328616_12073542.jpg
出した結論。
やっぱりオープンカーがイイなぁ。
若い頃は興味なかったけど、なんかイイ。
c0328616_12082294.jpg
♪赤いコンバーチブルからドアを開けずに飛び降りて♪
c0328616_12132697.jpg
♪オープンカーの屋根外して、カッコ良く走りたいものです♪


[PR]
# by new-york-story | 2015-04-02 12:56 | LIFE | Comments(0)
  
New York Story
by new-york-story
プロフィールを見る
カテゴリ
全体
MUSEUM
GOURMET
SPORTS
MUSIC
SIGHTSEEING
LIFE
MOVIE
未分類
最新のコメント
TAKE-san、私もそ..
by new-york-story at 12:50
遂に満期到来ですか!3年..
by TAKE at 06:00
山本投手は8/11、小生..
by kj at 17:19
夏でしたよね?
by new-york-story at 05:07
あんまり関係ないですが、..
by Kj at 17:57
こちらに来て3度目の冬、..
by new-york-story at 13:39
ニューヨークの冬は厳しい..
by kj at 18:41
いゃぁ、TAKEさん、そ..
by new-york-story at 06:53
Clooney Cut ..
by TAKE at 20:14
そのようですね。こちらで..
by new-york-story at 21:48
最新の記事
いざ、鎌倉へ
at 2017-05-17 21:28
♪ほら、加速度つけて・・・♪
at 2017-04-17 10:34
Final Count Down
at 2017-03-15 11:20
Xmas in Summer
at 2016-12-31 13:38
素敵なレシピ
at 2016-12-12 10:03
止めろと言われても・・・
at 2016-11-14 09:33
今宵、ワインシャワーに抱かれて
at 2016-10-24 09:45
川の流れに・・・
at 2016-10-03 15:13
ラストチャンス!
at 2016-09-12 09:27
♪夏の星座にぶら下がって・・・♪
at 2016-08-29 11:32
記事ランキング