金曜日の夜に

久し振りにゆったりとした金曜日の夜です。
c0328616_10443690.jpg
皮肉なことにダイエットを始めてから飲む機会が増え、あっという間にリバウンド。
疲れもあり、今日は誘いを明日に延期。
家で焼酎のジャスミンティ割り飲みながら本を読んだり、くつろぎの時間。
c0328616_10471502.png
Thank, God, it's Friday!
こちらにきてからこの言葉に込められた気持ちが良く分かる様になりました。
日本にいた時から優先順位の高い飲み会は金曜日。
それはそれでくつろいだものでした。
今はそれ以上に金曜日の夜が心地よい。
特に、今日みたいな雨の夜は、眠るのがもったいないくらいです。
c0328616_10473772.jpg
そもそも何でFridayって言うんだろう。
ネットで検索してみると、北欧の神話のFreija、愛の女神が語源らしい。
では、何故日本語で金曜日って言うんだろう。
部下に聞いてみる。
「なんで金曜日っていうか知ってる?」
「決まってるじゃないですか。金曜日はお金を使うからですよ!」
なるほど!

[PR]
# by new-york-story | 2015-04-18 12:00 | LIFE | Comments(0)

女子力アップ!

先週の月曜日はNCAAバスケットトーナメントの決勝戦でした。
我が母校が5度目の全米チャンピオン。
こんなに母校愛があったのかと思うほどこの2ヶ月は飲み会を断ってでも試合を見てました。
c0328616_09052525.jpg
アスリートを見てると、ダイエットにも力が入ります。
この2週間、そこそこ順調かな。
目標は1ヶ月1kgで6ヶ月。
次回の一時帰国にはNBA選手並みの引き締まった体で帰りたいと思います。
どうしても夜は飲みに行ったり、外食が多いので勝負は朝昼と休日の過ごし方。
これまでの朝ご飯は近くのDeli&Supermarketで焼きたてのクロワッサン。
Plain、Almond、Chocolate、Ham&Cheese、Chinnamonの中から選んでました。
美味しいんだけどカロリーが高めなんです。
昼は会社で仕出し弁当がメイン。肉系、魚系、どんぶり・麺系の3種類の中からチョイス。
c0328616_09001167.jpg
なので、オニギリ始めました。
一念発起して早起き、4つ作ってます。
海苔を巻いたり、ふりかけかけたり。
具材も昆布、梅干、その他、色々とローテーション。
で、朝はオニギリ2個と味噌汁、昼はオニギリ2個と近くのデリでサラダとスープ。
お気に入りのスープはCram Chowderです。
白のNew Englandと赤のManhattanがあり、いずれも美味。
午後はスパークリングウォーターで菓子断ちしてます。
c0328616_09024173.jpg
休日も、家にいる時はお気に入りの調味料でヘルシー指向の料理を。
c0328616_10103688.jpg
c0328616_09330325.jpg

c0328616_09441530.jpg
最近、こんな感じかな。
c0328616_09010335.jpg
と言いつつも・・・ここのところ飲み会が続いてました。
それでも前を向いて頑張りたいと思います。


[PR]
# by new-york-story | 2015-04-13 10:12 | LIFE | Comments(0)

♪私がオジさんになっても♪

チケットをもらったので、知人とNew York Auto Showに行ってきました。
c0328616_12062897.jpg
ジュネーブ、デトロイト、ロスアンゼルスとならぶ世界4大モーターショー。
小学生の時に晴海で開かれたモーターショーに行って以来でした。
何しろこちらに来る時に愛車をわずか1年で手放したので、帰国したらどんな車に乗ろうか、かなりリアルに見て廻りました。
c0328616_12073542.jpg
出した結論。
やっぱりオープンカーがイイなぁ。
若い頃は興味なかったけど、なんかイイ。
c0328616_12082294.jpg
♪赤いコンバーチブルからドアを開けずに飛び降りて♪
c0328616_12132697.jpg
♪オープンカーの屋根外して、カッコ良く走りたいものです♪


[PR]
# by new-york-story | 2015-04-02 12:56 | LIFE | Comments(0)

♪あの時代を忘れない♪

無事に日本から戻ってきて、1週間が経ちました。
依然として氷点下なのは驚きでしたがこの週末から気温も上昇、ようやく重いコートを脱いで出掛けようという感じになりつつあります。
c0328616_09263379.jpg
現在、全米カレッジバスケット(NCAA)のトーナメントが佳境です。
本日、各リージョンのチャンピオンシップが行われ、4強が出揃いました。
我が母校も勝利し、いよいよ全米チャンピオンに向けてあと2試合。
このイベントは全米が注目するため、March Madnessと呼ばれています。
来週の土曜日の準決勝が待ちきれない私もすっかりMadの仲間入りです。
c0328616_09263336.jpg
この日本滞在中に一番ショックだったこと。
会う人、会う人に「太ったね」と言われたこと。
自覚があっただけに追い討ちでした・・・。
c0328616_11080413.png
なので、早速ヘルスメーターを購入。
これまで使ったことがなかったアパートのジム設備もせっかくなので最大限使わなきゃ!
c0328616_10505869.jpg
次回の帰国までには、せめて30代の頃の体重を目指し、あの頃の体型を取り戻したいと思います。
乞うご期待!。

[PR]
# by new-york-story | 2015-03-30 11:41 | LIFE | Comments(0)

駆込み女の・・・

明日、帰国します。
昨日は鎌倉を散策しました。
c0328616_20462499.jpg
ランチは行きつけの蕎麦屋でかつ丼。
今回の帰国のマストアイテムの一つでした。
c0328616_20464897.jpg

北鎌倉の井上ひさし氏原案、大泉洋主演の映画『駆込み女・駆出し男』の舞台となっている東慶寺。
c0328616_20480952.jpg
実際のロケでは使われてないらしいけど、境内でチラシが配られてました。
西田幾多郎、和辻哲郎、小林秀雄。
多くの著名人の墓があります。
普段、何気なく通っていた寺でしたが、やはり寺ということは墓地なんですね。
c0328616_20483818.jpg
平日とは思えない賑わいの小町通をそぞろ歩き、NYに持ち帰る漬物の買い出し。
それにしても、小町通りの店は新陳代謝が激しい。
しばらく来ないと、大きく入れ替わってます。
あれだけTVで取り上げられていると、浮き沈みも激しくなりますね。
c0328616_20491316.jpg
その後、豊島屋へ。
定番の鳩サブレだけではなく、パンの販売を始めたとのことで品ぞろえの確認。
最後に、これも鎌倉の定番、まめやの豆を買ってツアー終了です。
次回は、夏の鎌倉かな。
では、帰国します!



[PR]
# by new-york-story | 2015-03-21 08:22 | MOVIE | Comments(0)

♪生まれて〜初めて〜♪

先週土曜日に日本に戻りました。
今週末に帰国するので、ちょうど折り返しです。
成田エクスプレスからスカイツリーが見えました。
c0328616_20360789.jpg
折しも、北陸新幹線の開通のニュースで、連日金沢が紹介されています。
私にとって、金沢は2つの思い出。
高校時代の修学旅行と出張。
c0328616_20365804.jpg
修学旅行は明治村から白川郷、飛騨高山、そして金沢に抜けて寝台列車で東京に戻る行程でした。
金沢の頃はヘロヘロでしたが、楽しかった高校時代の思い出です。
c0328616_20373779.jpg
もう一つは数年前に行った出張。
冬の兼六園を見て、茶屋街をそぞろ歩き、知人に連れて行ってもらった料亭で夕飯。
京都の祇園を歩いた時を思い出しました。
朝は早起きして近江町市場で海鮮丼の朝ごはん。
いやぁ、美味しかった。
c0328616_20380953.jpg
さて、前回の冬の帰国は、渡米後初めてだったので、買い物したり旅行したりして忙しかったのですが、今回は慣れた事もあり、順調です(前回はそもそも雪のため成田に降りれなかったし)。
c0328616_20385704.jpg
昨日は、昼と夜、ダブルヘッダーで友人と会いました。
昼は某浅草の名店のすき焼き、夜は私の行きつけの四谷の焼肉。
昼の宴席が終わった後、ちょっと時間が空いたので新宿で映画を観ました。
一人で映画館で映画を観るのはもしかして初めてかもしれません。
アン・ハサウェイのラブストーリー。
ニューヨークが舞台の『ブルックリンの恋人たち』。
慣れないことして緊張しました。
c0328616_20393529.jpg
その後、紀伊国屋書店で文庫と新書をまとめ買いして、これも四谷の有名な某ジャズ喫茶で焼肉の待ち合わせ時間まで読書タイム。
ちょうど、会話禁止の時間帯だったので、落ち着いて音楽も聴けて良かったです。
c0328616_20401397.jpg
明日から後半戦。
鎌倉の小町通りでお漬物買わなきゃ。

[PR]
# by new-york-story | 2015-03-18 20:42 | LIFE | Comments(0)

愛され続ける理由

夏時間になったら一気に気温が上がりました。
このまま春になってくれると良いのですが。

先日、10年振りにTiffanyの本店に入りました。
店の前は何度となく通ってますが、中に入るのは久し振り。
緊張するので友人に付き合ってもらいました。
c0328616_11381603.jpg
目的は20年来愛用しているペンの修理。
クリップの部分がゴルフのパターになっている、お気に入りです。
このクリップの部分が気づかないうちに取れて、紛失してしまいました。
店に入り、案内されるままに6階のカスタマーセンターに向かいましたが、エレベーターを降りると、そこは想像とは違う景色でした。
高級ホテルと見紛うような、ふかふかの絨毯が敷き詰められた広いスペースに、ソファー&テーブルが配置され、雑誌が置かれています。
あまりのふかふかに足をくじきそうになりました(笑)。
そのスペースを10個ほどのプライバシーが確保されているブースが囲み、さながら欧米のプライベートバンクを髣髴とさせる造りです。
c0328616_11391179.jpg
カウンターで名前を伝え、ソファーに腰掛け、同行してくれた友人に「飲み物でも出てきそうだね」と言ったその時、びしっと決めたお兄さんが "Would you like to have something to drink? "
その後で焼肉に行く予定だったので、一杯目の美味しいビールのため、ここは遠慮しました。
c0328616_11393914.jpg
やがて名前を呼ばれ、とあるブースに。
初老の品の良い女性が、ところどころ日本語を挟みながら、丁寧に相手をしてくれました。
驚いたのは、最後に、ペンの写真と会話のポイントを文書にして双方で署名、さらにその内容をその場でメールで転送してくれるオマケ付き。
契約社会アメリカの真髄を見た気がします。
残念ながらペン自体は既に生産中止で、修理センターの在庫に期待するしかありません。
c0328616_11401628.jpg
ペンを預けた後は、折角来たので4階から下のフロアを散策して帰りました。
何しろ接客が素晴らしい。
ご存知の通り、ほとんどの商品に値札が付いていないので、店員に教えてもらわないと何も分からないのですが、店員はこちらを無視するわけでもなく、かといって押し付けるわけでもなく、程よい距離感です。
名前を伝えてきて、あそこにいるから困ったらいつでも声を掛けてくださいと。
以前観た、『ティファニーで朝食を』の中で、おもちゃの指輪に刻印をする有名なティファニーのシーンがありますが、この時の素敵な店員を垣間見た気がします。
これがティファニーブルーの持つ、伝統の力なんでしょうね。
c0328616_11410158.jpg
次回は日本からお伝えすることになるかもしれませんね。
では。



[PR]
# by new-york-story | 2015-03-11 20:16 | LIFE | Comments(0)

♪イタリアン・レストランにて♪

今週末から”サマータイム(Daylight Saving Time)”なのに今日もマンハッタンは雪です。
なかなか『冬来たりなば春遠からじ』とはいかないようです。
c0328616_11474180.png
今週は"Restaurant Week"です。
普段は敷居が高いマンハッタンの高級レストランが期間限定で$25のランチと$38のディナーのコースを提供してくれます。
c0328616_11464699.png
参加しているレストランは約300。
メインだけで$38をゆうに越える色々なジャンルのレストランが『前菜+メイン+デザート』の腕を競います。
期間終了間際の今日、誘われるままにミッドタウンでイタリアン・ランチを楽しみました。
c0328616_11470679.png
料理もさることながら、なにより感動したのは思い切りイタリアーンなウェイター。
見るからに"Restaurant Week"狙いの一見客の我々でも気持ちよくランチを楽しませてくれました。
これぞプロフェッショナル。
とはいえ、店によって対応は両極端らしいですが・・・。
イタリア語のシャワーの中で食べるパンナコッタは大ヒットでした。
c0328616_11472256.png
次回の"Restaurant Week"は夏です。
こちらに遊びに来られる時は狙ってきてもイイかも知れませんね。
Ciao!



[PR]
# by new-york-story | 2015-03-04 12:18 | GOURMET | Comments(2)

♪いい加減にしてぇ♪

突然ですが、問題です。

C=(5÷9)×(F-32)。
F値が1の時、Cはいくつでしょう。

信じられない寒さです。
マイナス17℃の世界ではバナナで釘こそ打てませんが、家から出る気がしません。
週末の我が家はJazz Barであり、映画館であり、カラオケボックスであり、図書館であり・・・何とか生き延びております。
c0328616_09293684.jpg
オコモリしながら観ていた日本のバラエティ番組で、マツコ・デラックスさんが”明菜愛”を力説してました。
c0328616_05574665.jpg
彼女のレコードを欠かさず買っていたのは高校1年生から20歳くらいまでだったかな。
当時はアイドル全盛の時代でした。
今はAKBとかモーニング娘。とかグループ中心ですが、仮に、中森明菜、小泉今日子、松田聖子、石川秀美、早見優、松本伊代、堀ちえみ、岩崎良美、荻野目洋子あたりが同じグループにいたら総選挙とかどうなっていたんでしょうね。
少なくとも”セカンド・ラブ”は生まれていなかったでしょう。
c0328616_05571655.jpg
勝手ながら、独断と偏見のBest of Akinaをお届けします。
これも一つのNew York Story と言うことでご容赦ください。
またしても昔のアメリカの写真とともに。
c0328616_10045586.jpg
”スローモーション”
この曲を、デビュー前の彼女がスター誕生の番組の中で歌うのを聞いたときの衝撃(大げさ?)は今でも鮮烈に覚えてます。「誰?この人」って感じでした。

”セカンド・ラブ”
私にとってのベストオブベスト。高校生でこの歌を歌って、しかも、ピークアウトしなかったのは立派。ある意味、サザンが”いとしのエリー”から勢いがついたのと同じでしょう。

”脆い午後”
ベストやカバーといった企画モノを除いて、彼女のアルバムの中で最も売れた『バリエーション(変奏曲)』に収録されています。この歌は京都が舞台で、仕事で京都に行く時はいつも聞いてました。この歌を聴きながら二年坂を歩いた時は新鮮でした。

”北ウィング”
かつて出張が多かった頃、夜に飛行機に乗るときの待合ロビーでの定番でした。スケール感が気持ちイイです。因みにアルバム収録曲ですが”ドラマティック・エアポート(北ウィングパート2)”と言う曲もあります。
c0328616_09310906.jpg
”ストライプ”
来生たかお&えつ子のペアによるアルバム収録曲。これぞ来生ワールドという曲ではありませんが、ミディアムテンポの鉄板の安定感です。

”Unsteady Love"
角松敏生さんの作詞作曲。ミディアムテンポで車の運転の時にぴったりだった記憶があります。『Bitter and Sweet』に収録されています。

”飾りじゃないのよ涙は”
ご存知、井上陽水さんの提供。凄く新鮮でよかったですね。陽水さんご本人の歌唱を聞いても、明菜バージョンもいいもんだ、と実感。

”アレグロ・ビヴァーチェ”
イイ曲だと思います。『D404ME』というアルバムに収録されていますが、シングルよりも何回も聞いた気がします。なんとなく、こういう風に作ってこういう風に歌えば売れる、という黄金率のような曲ですね。
c0328616_09285686.jpg
竹内まりやさんや小林明子さんが多くの楽曲を提供している『Crimson』というアルバムがあります。
最近知ったことですが、このアルバムのコンセプトは、ニューヨーク(日本で例えると何故か東横線沿線らしいのですが)に住むワーキングレディを想定してるらしい。
そう思って聴いてみると・・・。うーん。
c0328616_10111754.jpg
予報ではまだまだ寒い日が続きます。
早く冬休みとって日本で避寒したいのですがそうもいかず・・・。
この天気、もういい加減にしてぇ。


[PR]
# by new-york-story | 2015-02-23 10:19 | MUSIC | Comments(4)

New York 49ers

今日はPresident's Dayの休日。
気温はまさかの、最高気温-6℃。
外にいると頬が切れそうになります。
こういう日はコモルに限る。
最近は寒さもあり、あまり外出してないので前回アメリカにいた時の写真とともに。
c0328616_05570468.jpg
昨日は聖地・Madison Square GardenでNBAのオールスターゲームでした。
錦織圭の優勝の余韻に浸りながら、知人の家でテレビ観戦。
カレッジバスケットは今年も我が母校が強いので、週末によく見ていてます。
カレッジレベルでも十分楽しめますが、何しろプロはスケールが凄い。
即席のチームでよくあれだけの”連係技”が出来るもんだと感心します。
前回アメリカにいた当時はちょうど神様・Michael Jordanの全盛期で、地元のプロチームの試合を見に行ったことを思い出しました。
c0328616_05565099.jpg
NBAのオールスターはWest vs East。
アメフト(NFL)は往年の名選手二人が監督として好きな選手を選抜(同じチームのメンバーが敵と味方に分かれることもあって楽しい)。
野球(MLB)はナショナルリーグとアメリカンリーグの対抗戦。
三者三様で楽しいですね。
c0328616_05572561.jpg
暮れの紅白で同じ歳の中森明菜さんがNYから出演してたのを見て、久しぶりにCDを聴きまくりました。
最初に「スローモーション」に衝撃を受けたのが30年以上前、高校生の時だと思うと、何とも言えない不思議な感覚です。
音楽の力っていうのは本当に偉大ですね。
この話になると長くなるので今日は止めておきますが、かくいう私も先日49歳になりました。
オリジナルのGold Rushとは全く意味が違いますが、私もある意味49er。
c0328616_05573716.jpg
ところで、我らが天野春子、足立よしえ、黒川正宗、大向大吉、荒巻太一、ヒビキ一郎、みんな同級生です。
伝説の「あまちゃん」は49ersばっかりです。



[PR]
# by new-york-story | 2015-02-17 10:12 | LIFE | Comments(0)

♪なんてったってアイドル♪

NYは今日も激しい吹雪でした。
先週はBlizzard Junoに備えて、史上初めて雪で地下鉄が止まりました。
ご心配を頂いてメールを頂いた皆様、ありがとうございました。
冬も二度目なら少しは上手に生き延びております。
それにしても、ここに来てNYの冬が本格的に牙を剥いてきた感じです。
c0328616_12450525.jpg
昨日は第49回Super Bowlでした。
視聴率はなんと史上最高の49.7%。
アメリカ最大のスポーツイベントらしく、国歌斉唱が「アナと雪の女王」のイディナ・メンゼル、featuringレニー・クラヴィッツ。
そしてハーフタイムがケイトン・ペリーのステージと華やかな舞台でした。
去年の今頃はNY開催で、マンハッタン中に宣伝がされていたのを思い出しました。
c0328616_12472507.jpg
今年の舞台はアリゾナ。
近くにグランド・キャニオンを有し、試合の途中に雄大な風景が流れ、18年前にラスベガス経由で訪れた頃を懐かしく思い出しました。
当時の写真と共に。
c0328616_13041547.jpg
トリヴィアですが、アリゾナはアメリカでサマータイムを採用していない3州の一つです。
残りの二つ、ご存知ですか?
c0328616_12475873.jpg
Super Bowlはイイ試合でした。
密かにNew Englandを応援してました。
実は、ここNew Yorkでは、New Englandを応援することはご法度なのです。
Boston Red Socksを応援するのと同じ・・・。
New EnglandのQB、Tom BradyがSan Francisco のJoe Montanaが持つSuper Bowlの通算タッチダウン数を塗り替え、放送中に何度もMontanaの話題になりました。
私にとってJoe Montanaは高校時代からBilly Joel、中森明菜と並ぶアイドルです。
凹んだ時にはJoe MontanaのDVDを観て元気を取り戻すのです。
1989年のSuper Bowlで残り34秒の逆転タッチダウンを決めたモンタナ・マジックは無敗を誇った具志堅用高がノックアウトされたシーンと共に今でも鮮明に記憶に残っています。
最近のQBでは、Green BayのAaron Rogersに同じ雰囲気を感じるかな。
c0328616_13042964.jpg
冬休みの帰国はまだしばらく先になりそうです。
では、また。

[PR]
# by new-york-story | 2015-02-03 13:06 | LIFE | Comments(0)

Next Chapter...

年男で始めたブログも1年が経過しました。
正直、1年も続くとは思いませんでした。
これもひとえに、皆さんの温かい支援、励ましのおかげです。
2015年の第1稿は2014年を振り返ってみたいと思います。
c0328616_11423096.jpg
鎖骨の骨折で幕を開けたNYライフ。
最初の洗礼は厳しい冬でした。
最高気温が氷点下なんて・・・。
c0328616_11262052.jpg
そんな中、2月に一時帰国しました。
渡米後まだ半年も経過していないので、何となく海外旅行から戻った気分。
温泉、モツ鍋、いつもの日本を満喫し、日本を離れる時も何となく「NYへ行く」感じだったのを覚えてます。
c0328616_11481934.jpg
NYに戻っても鎖骨の状況は改善を見せず、遂に3月に手術を受けることを決断。
渡米直後にはどうしても決断出来なかったのですが、半年が経過し、信頼できるドクターとの出会いが、背中を押してくれました。
c0328616_11413685.jpg
やがて季節はめぐり、春から初夏、NYのベストシーズンを迎え、日本からの来訪者も増えてきました。
グルメ、ジャズ、ショッピング、美術館、ミュージカル、クラシック、スポーツ観戦。
旅行者が来ると私もマンハッタンを研究します。
その度に新しい発見があり、おかげで、私のレパートリーもずいぶん増えたものです。
c0328616_11432739.jpg
NYのベストシーズンに私はリハビリ。
手術直後は左腕は全く動かず、本当にゴルフが出来るようになるのか疑心暗鬼になりましたが、セラピストの献身的な指導で、日増しに可動域が広がるのは感動ものでした。
手術の時もそう感じましたが、医療先進国・アメリカの実力を目の当りにした次第です。
もっとも、保険がなければ請求が怖くてとてもじゃないけど受診できませんが・・・。
c0328616_11311160.jpg
去年の夏はヤンキース・田中投手の試合を2回観ました。
後に、彼が故障した時に「手術する、しない」で論争が起きた際は、自分もそうだったので妙に親近感が湧いたものです。
レベルはぜんぜん違いますが。
c0328616_11443361.jpg
9月の2度目の一時帰国の時の気持ちは、その前の2月とはぜんぜん違いました。
日本を発つ時は「NYに戻る」実感。
この頃には街中で道を聞かれても答えられないところはなくなってたかな。
c0328616_11320302.jpg
一時帰国から戻り、遂にゴルフ解禁。
週末が大きく変わりました。
マンハッタンでの徒歩中心の生活から、車で郊外に出掛けるようになり、マンハッタンとは違うニューヨークの一面に触れることが出来ました。
c0328616_11334356.jpg
ニューヨーク州の面積は141,300平方km。
北海道と九州を合わせたくらいの広さ。
マンハッタンは山手線の内側(65平方km)よりも狭い59平方km。
ニューヨークって広いんだなぁと実感。
ニューヨークをフルコースで味わいたくなりました。
c0328616_11331412.jpg
2014年のゴルフの打ち納めはフロリダ州オーランド。
とあるPGAのトーナメントコースでした。
ニューヨーク州の愛称は、Empire State。
まさにエンパイアステートビルがその象徴として鎮座しています。
c0328616_11532737.jpg
c0328616_11541577.jpg
一方、フロリダ州の愛称は、Sunshine State。
瑞々しさと開放感は別格でした。
c0328616_11353768.jpg
往復のフライトはいずれも夜間飛行。
満天の星空、澄みきった夜景。
オリオン座に見守られながら、さながら星座巡りのフライトで、不覚にも涙が出そうになりました。
遠くにマンハッタンが見え始めると、BGMを中森明菜の『北ウイング』にしたりして。
c0328616_11381233.png
c0328616_11350459.jpg
こうして迎える、「少しは上手に・・・」の2年目です。
また2月に一時帰国します。
今年もよろしくお願い申し上げます。


[PR]
# by new-york-story | 2015-01-08 12:01 | LIFE | Comments(3)

冬も二度目なら

少しは上手に冬の厳しさをしのぎたい~

と言うわけで、大好きな名曲、セカンド・ラブのオマージュで。
c0328616_12121707.png
先日、一年前に赴任したときに行った日本人の先生のいる病院に行きました。
わずか1年前ですがすごく懐かしく感じました。
あの時、NYに来た次の日に、不安一杯で来た日が昨日のように思い出されます。

c0328616_12140103.jpg

2年目なので、今年の冬はフロリダで避寒。
8人でゴルフクラブを持って金曜の夜から2泊3日。
なんか、ワクワクします。
大人の修学旅行って感じです。
c0328616_12063984.jpg
マンハッタンはすっかりクリスマスモード。
2年目なので、去年ほどの感動はないけど、ロックフェラーのクリスマスツリーは別格かな。
やっぱり、クリスマスの象徴です。
c0328616_12022725.jpg
皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしください。


[PR]
# by new-york-story | 2014-12-17 14:46 | LIFE | Comments(2)

雪とBJと私

今日は雪のThanksgiving。
店はほとんど休み。
日本の正月のような穏やかな休日です。
c0328616_03210142.jpg
友人が泊まりに来るので朝から掃除。
BGMはBilly Joel。
なんとThanksgiving限定で、朝から晩までBilly Joelのコンサートを流し続けるテレビ局があります。
タイトルは、A Thanksgiving State of Mind ~The Billy Joel Marathon~
正直、ビックリです。
c0328616_03220274.jpg
こちらに来る前はBilly Joelのコンサートは直ぐに行けるだろうと高をくくっていたところ、とんでもありませんでした。
今でもプラチナ・チケット。
New YorkerはBilly Joelが好きなんですね。
テレビでは色々な時代のBilly Joelが観れました。
シェイ・スタジアムでのトニー・ベネットとのNew York State of Mindのデュエットは泣きそうになりました。
若き日のぎらぎらしたビリージョエル
僧侶然とした枯れたビリージョエル。
c0328616_03200505.jpg
時代と共に思い出がフラッシュバック。
極めつけはGlass HouseからNylon Curtainにかけて、高校生の頃のロングアイランドでのコンサートでした。
当時、テレビで放映したものを録画して何度も見たものです。
アドリブのタイミングすらよく覚えています。
掃除機を止めて、絶唱してしまいました。
c0328616_03222932.jpg
昨日の初雪とともに冬の到来です。
明日の予想最高気温は3℃。最低気温は氷点下・・・。

[PR]
# by new-york-story | 2014-11-28 09:15 | LIFE | Comments(1)

初めての・・・

こちらに来て初めて本格的に風邪を引いてしまいました。
熱とお腹。
寝込んでしまいました。
初めて単身のハンディを感じたかな。
c0328616_10504483.jpg
なので、この週末は完全オコモリモードで胃にやさしい食事です。
今週はサンクス・ギビング。
頑張って回復しなきゃ。

[PR]
# by new-york-story | 2014-11-24 20:54 | LIFE | Comments(3)

♪冬が始まるよ♪

もうすぐ外は白い冬
c0328616_11304196.jpg
いよいよ本格的に冬の足音です。
最高気温が摂氏で一桁前半。
c0328616_11285584.jpg
マンハッタンにもクリスマスイルミネーションが現れ始めました。
ロックフェラーにも間もなく風物詩のクリスマスツリーがやってきます。
c0328616_11283137.jpg
今日は1年振りにアメフトを観戦しました。
アメフトは本当にアメリカ人の生活の一部だと実感。
寒さをものともせず、老若男女、絶叫しています。
c0328616_11295805.jpg
と言うわけで、私のゴルフライフもニューヨークシリーズは来週で打ち収めです。
コースは全米オープンの開催コースの一つ。
マイアミ合宿に向けて、気持ち良くベストスコアで締めくくりたいものです。
1年経って随分と心の余裕が出てきました。
美術館、ミュージカル、そしてクラシック。
再び文化系の生活を楽しみたいと思います。

[PR]
# by new-york-story | 2014-11-17 11:46 | LIFE | Comments(0)

映画通信⑧ ~最後の恋の始め方~

今日はVeteran's Dayでお休み。
最高気温が20度近くまで上がり、この時期としては奇跡的に暖かい日でした。
絶好のゴルフ日和。
今日はアメリカで最も古いと言われる郊外のパブリックコースでした。
最古のパブリックがまさかNYだとは意外です。
紅葉が綺麗で思わず見とれてしまいました。
c0328616_11574088.jpg
c0328616_11551432.jpg
c0328616_11571761.jpg
先日レキシントンアベニューの『7年目の浮気』のロケ地でマリリン・モンローに遭遇しました。
よーく見て下さい。
びっくりしたなぁ、もう、って感じです。
c0328616_12000612.jpg
c0328616_12014670.png
閑話休題。
NYが舞台の映画を2本観ました。
c0328616_12075658.jpg
ウィル・スミスの『最後の恋の始め方』
原題は主人公のウィル・スミスの役名、"Hitch"。
ミイラ捕りがミイラになる恋愛コンサルタント。
ウィル・スミス、好きなんだなぁと実感。
なんでこれが『最後の恋の始め方』になるのか、よく分からないのですが、上質で軽い感じでなかなか良かったです。
最近は週末に予定が多く、なかなかロケ地巡りが出来ずに残念ですが・・・。
なので、これまで撮り溜めた写真と共に・・・。
c0328616_12094192.jpg
もう一本は、ジョージ・クルーニーとミシェル・ファイファーの『素晴らしき日』
原題は"One Fine Day"
お互い離婚した者同士のラブコメ。
1996年、ちょうど前回アメリカにいた時の公開映画でした。
若いジョージ・クルーニーが濃い・・・。
c0328616_12040014.jpg
グランドセントラル駅
c0328616_12021163.jpg
ロックフェラーセンター
c0328616_12041657.jpg
セントラルパーク
c0328616_12061084.jpg
メトロポリタン美術館
c0328616_12064018.jpg
Club 21(ウォール街でも出てきました)
c0328616_12072769.jpg
セレンディピティ(!!)
c0328616_12051006.jpg
これ以外にもマンハッタンが随所に出てきます。
何気ない場所でも「あっ、ここ知ってる」って感じで、NYに1年住んでいる実感が湧きます。
ミシェル・ファイファーは好きな女優でした。
今度は、『マラヴィータ』でも見てみようかな。
c0328616_12150896.jpg
今週末は1年振りのアメフト観戦。
NY Giants vs SF 49ers。
楽しみです。
暖かいといいなぁ。



[PR]
# by new-york-story | 2014-11-12 12:19 | MOVIE | Comments(0)

2年目の秋

芸術の秋。
食欲の秋。
運動の秋。
NY生活も2年目になり、それらしくなってきました。
やはり鎖骨が癒えたことがすべてを変えました。

c0328616_11154166.jpg
【同窓会】
先日、当地の大学の同窓会に出席しました。
全員が初めて会う人。
キャンパスの前の女子高。
学園祭の催し物。
名物教授。
留年率。
不思議なもので、初対面でも共通の話題がたくさんあって、すぐに打ち解けました。
c0328616_11232183.jpg
【健康診断】
1年に一度の健康診断を受けました。
詳しく書くのは憚るのですが、日本とはぜんぜん違います。
プチ・カルチャーショック。
まずはダイエットから始めないと・・・。
c0328616_11184458.jpg
c0328616_11191481.jpg
【休日】
前にも書きましたが、11月のシーズンオフを目前にゴルフの機会が増えました。
定番は、単身4人組でGolf&Gourmet。
今日は、フラッシングで焼肉。
年内はNYではあと2回かな。
12月にはフロリダに遠征して打ち納めを画策中です。
c0328616_11194306.jpg
2年目の秋はかなりアクティブになりました。
これから厳冬が来ます。
去年出来なかったこと、たくさんしたいものです。


[PR]
# by new-york-story | 2014-10-27 12:14 | LIFE | Comments(2)

大人の遠足

この週末は日本と同じで3連休でした。
日・月と同僚と郊外にゴルフ合宿に出掛けてきました。
夏はゴルフ、冬はスキーのリゾート地。
大人の遠足。
楽しかったです。
c0328616_10065378.jpg
いそいそと朝から車でマンハッタンを出発。
途中、サービスエリア(以前はアメリカにはなかった気がしますが)で休憩を取りながら走ること、2時間半。
c0328616_10042731.jpg
すっかり紅葉しているリゾート地に到着です。
日本でも毎年、夏に1泊2プレーをしてましたが、それとはまた雰囲気も異なり、すっかり楽しみました。
c0328616_10062500.jpg
c0328616_10125617.jpg
1年間ゴルフが出来なかったことを考えると、本当にうれしい限りです。
ゴルフは来週、再来週、そして12月にはフロリダに遠征を目論んでいます。
ようやくNYに赴任した実感が沸いてきました。

[PR]
# by new-york-story | 2014-10-14 10:19 | SPORTS | Comments(0)

卒業

You Have No Next Week.

これがセラピストからの卒業証書でした。
セラピーをいつまで続けるかは自分で決めるように言われていました。
でも、居心地の良さに任せて今までずっと言い出せずにいたのです。
思い切って、I really think it is about time・・・。
そしてその瞬間はやってきました。
心のBGMは斉藤由貴の『卒業』。
c0328616_05084989.jpg
通い始めた頃は、左腕は肩より上に上がらず、どうなることかと思いましたが、そこから5ヶ月。
僕のNYライフの一コマになっていることは間違いありません。
c0328616_05101851.jpg
神様の計らいか、最後の15分はセラピストと二人だけになり、思いっきり感謝の言葉を伝えました。
「戻ってくるなよ」といわれ、涙腺が限界に。
ここでBGMは一気に『愛と青春の旅立ち』へと(笑)。
c0328616_05063425.jpg
先日、ドラマ『やまとなでしこ』を一気に見ました。
恐るべし、松嶋菜々子さん。
無敵です。
伝説の「馬鹿じゃ中目黒、なに祐天寺」には感動しました・・・。
エンディングは、堤真一演じる欧介さんが夢を実現するためにNYに渡り、エピローグ。
c0328616_05094713.jpg
僕もニューヨークライフ、2年目。
マンハッタンの風はすっかり秋色ですが、当地では9月は新学期の季節。
肩も癒え、思い新たに頑張るぞっと。

[PR]
# by new-york-story | 2014-09-28 05:13 | LIFE | Comments(0)

♪September♪

帰国して1週間が経ちました。
今回は万事、順調。
往復の機内の映画も予想を超える素晴らしさ。
今回は5本見ました。
ほんとは、もっと観たかったんだけど。
c0328616_11235139.jpg
The Other Woman(キャメロン・ディアス)
Draft Day(ケビン・コスナー)
マルフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)
晴天の霹靂(大泉洋・柴崎コウ・劇団ひとり)
グレース・ケリー~王妃の切り札~(ニコール・キッドマン)
c0328616_11252203.jpg
The Other Womanはキャメロン・ディアス、久々の軽快なラブコメ。
Draft Dayはアンタッチャブル以来のファンのケビン・コスナー、見事な復活。
いずれもこちらで見逃していたので、ホクホクでした。

今週はマンハッタンは国連イベント一色で、ものすごい交通規制です。
私は基本的には徒歩なのであまり影響はないのですが、それでも街には警官が溢れています。
c0328616_11264876.jpg
マンハッタンはすっかり秋になっていました。
凄く驚いたのが、1年前と同じ匂い、同じ風、同じ色。
初めての土地、初めての一人暮らし。
不安だらけの1年前の自分が鮮明に思い出されました。
不思議な感覚です。
今回は傷も癒え、勝手も分かり、すごく前向きな気分です。
9月、この1年をうまくリセットできました。


[PR]
# by new-york-story | 2014-09-24 20:29 | LIFE | Comments(1)

♪心の旅♪

明日、日本を発ちます。
前回は赴任後半年で、まだNYの生活にも慣れていない中での帰国でした。
今回は、NYライフも軌道に乗ったところでの一時帰国。
心の栄養もしっかり補充しました。
心穏やかに、NYに「戻る」感じです。
c0328616_21290608.jpg
ラーメン、餃子、もつ鍋、寿司、かつ丼、そして熱海の温泉。
c0328616_21322988.jpg
食べ物はNYでも食べれますが、やはりクオリティは違います。
c0328616_21333330.jpg
何より温泉はないです。
やっぱりいいもんですね。
c0328616_21320758.jpg
日用品、食材、買い込みました。
NYでの単身生活、まだまだやることがありそうです。
では、次回はNYからご報告します!

[PR]
# by new-york-story | 2014-09-15 21:37 | LIFE | Comments(0)

Mを諦めて、海

前回の冬とは違い順調に日本に戻ってきました。
(『海外遠征(番外編)http://turnstile.exblog.jp/21679326/』)

折しも全米オープンの錦織君フィーバーで連日ニューヨークの様子が報道され、変な感じです。
昨日はMに会いに行くつもりでした。
(『名画巡り② ~Mが好き~http://turnstile.exblog.jp/22433113/』)
c0328616_08020109.jpg
が、しかし、HPを見たら人気者のMはどうやら相当混雑しているみたいです。
さらに我が家からのアクセスの悪さと夜の予定の場所との関係で、やむなく断念。
ロケ地巡りin 鎌倉と相成りました。
ちなみに夜は八丁堀でモツの炙り鍋。
こればかりはNYでも食べれないクオリティです。
初めて行きましたが、本当に美味しかった。
c0328616_08014984.jpg

さて、ロケ地巡りは地元湘南、鎌倉です。
極楽寺周辺は古くは『俺たちの朝』、最近では『最後から二番目の恋』で使われてます。
c0328616_08021721.jpg
いつも何気なく歩いている景色が、観光客気分ですごく新鮮でした。
江ノ電に乗っていてもなんとなくいつもと違う感じ。
いいもんですね、こういう鎌倉も。
c0328616_08024584.jpg
c0328616_07580149.jpg
c0328616_08004189.jpg
長倉和平(中井貴一)と吉野千明(キョンキョン)が住んでいる家、2人が酒を呑んだ神社のベンチ、カフェ長倉のモデルになった某カフェを巡り、一路、極楽寺へ。
駅にはロケの時の写真やサインが展示されてました。
c0328616_08013505.jpg
c0328616_08012342.jpg
c0328616_08005420.jpg
そこから鎌倉駅に戻り、和平の職場、鎌倉市役所を見てから、〆のランチはウナギの某有名店。
これもビレッジのウナギとはさすがに違ったかな。
(『あなたと夜と音楽と http://turnstile.exblog.jp/22412950/』)
c0328616_08011093.jpg
きっちり20分以上待たされ、本格ウナギを堪能しました。
すごく非日常的な鎌倉でした。
ではまた。



[PR]
# by new-york-story | 2014-09-09 08:13 | LIFE | Comments(0)

私をゴルフに連れてって

今日は三連休の最終日。
1年ぶりにゴルフに行ってきました。
c0328616_08103124.jpg
アメリカでするのは17年振りです。
適度にルーズな感じが懐かしかったです。

1番ホールのティーショット前。
やはりちょっと感動しました。
やっとゴルフが出来るまでになったんだなと。
怪我から復活するアスリートの心境が少し分かった感じです。
c0328616_08093794.jpg
スコアは平凡な90台。
でも最後までに無事に回れたことが何よりの収穫です。
では、みなさん、日本で会いましょう!

[PR]
# by new-york-story | 2014-09-02 10:56 | SPORTS | Comments(0)

大人の週末

帰国直前の週末。

9月1日の月曜日がLabor Dayで三連休です。
単身仲間の同僚がちょっとした企画をしてくれました。
今日はセール中のアウトレット・ツアー、明日はゴルフの予定。
帰国のお土産の買出しと鎖骨回復祝いです。
同じ単身者二人も誘い男4人の贅沢な休日。
c0328616_11073008.jpg
そういえば、最近日本でも男4人の映画『ラスト・ベガス』が公開されたと聞きました。
マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、そしてケビン・クライン。
私もこちらで昨年の秋に観ました。
私たちが最年少の客層で、時としてペーソス溢れる映画でしたが、娯楽としては良かったです。
c0328616_11044111.jpg
朝7時半にマンハッタンを車で出発。
9時にWoodbury Common Premium Outletに到着し、12時まで各々買い物。
17年振りのWoodbury Common、血が騒いでしまいました。
c0328616_11065825.jpg
そこから一路、New Jerseyにあるチゲ料理の有名店でランチ。
食後は明日に備えて打ちっ放しで腹ごなし。
夕飯は同僚の家でしゃぶしゃぶとなりました。
肉は一番高いクラスと一番安いクラスを買って、食べ比べ企画。
違いが分かりませんでした・・・。
c0328616_11081166.jpg
明日はいよいよ1年振りのゴルフ。
全米(再)デビューです。
では。

[PR]
# by new-york-story | 2014-09-01 11:23 | LIFE | Comments(0)

東京ラブストーリー

「完治ぃ!」
c0328616_22591662.jpg
今日、医者の検診を受けました。
骨はどこが骨折か分からないほどに見事に接合。
「もう何をしても大丈夫!」と言われました。
次に先生に会うのは執刀からちょうど一年後の来年の3月のフォローアップ。
思わず先生と記念撮影しました。
セラピーは折角なのでもう1カ月、続けてみます。
c0328616_22563571.jpg
それにしても骨折して約一年、ようやく本格的なNYライフが始まった気がします。
http://turnstile.exblog.jp/21504105/
ずっと心の中にあった霧が晴れた感じ。
c0328616_22581674.jpg
先週末にセラピーを兼ねて初めて打ちっ放しに行きました。
"Serendipity"のロケでも使われたChelsea Pier。
http://turnstile.exblog.jp/22189222
ずっと来たかった場所です。
思ったよりずっと打てました。
c0328616_11384525.jpg
ゴルフ、自転車、ボクササイズ。
体育会系の活動も色々やらなきゃ。

なんとかギリギリ夏休みに間に合いました。
では、晴れて日本でお会いしましょう。




[PR]
# by new-york-story | 2014-08-21 11:40 | LIFE | Comments(2)

映画通信⑦ ~幸せのレシピ~

『幸せのレシピ(No Reservation)』。

マンハッタンの高級レストランの料理長ケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)。
そしてそのレストランにやって来る副料理長ニック(アーロン・エッカート)。
ドイツ映画のリメイクですが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズにぴったりだと思います。
c0328616_08434319.jpg
二人のラブストーリの進展とともに、全編に美味しそうな料理が溢れます。
オペラを聴きながら楽しげに料理するニックを見て、思わず「イタリアンが食べたい!」という気分になり、金曜の夜、Little Italyに繰り出しました。
c0328616_08432942.jpg
向かった先はグルメのアメリカ人の同僚に教えてもらった、お薦めの店。
薄暗い店内にイタリア系の人ばっかりのラテンワールド全開でした。
日本人はおろか、アジア人すら見かけません。
イタリア語のみのメニュー。英語すらない。
c0328616_08440569.jpg
サラダとパスタとピザを頼み、グラスワインを飲んだら店を変えようと言うことで頑張ってオーダー!
のはずが、、、評判通りの美味で、思わず長居してしまいました。
結局ワインはグラスでは足りず、ボトルで追加オーダー。
美味しかった。
c0328616_08513586.jpg
11時過ぎから次の店へ。
屋外のテーブルでSoprano Margheritaなるカクテルとジェラート。
通りではおじさんがオペラを絶唱してました。
c0328616_10280049.jpg
『幸せのレシピ』を観て、料理って楽しいんだなぁと思いました。
もう少し楽しんで料理してみたくなりました。
今日からボサノヴァでも聴きながら作ってみるかな。
c0328616_08471088.jpg
この映画の原題は No Reservation。
「遠慮なし」「気兼ねなし」「秘密なし」。
二人の関係の最終形です。
c0328616_08450538.jpg
写真のレストラン。
映画のクライマックスで登場する大事な場所。
c0328616_09530317.jpg
因みにこのビル、ドラマ『フレンズ』の主人公のアパートの設定だとか。
有名なんですね。
女性客で一杯でした。

[PR]
# by new-york-story | 2014-08-17 10:02 | MOVIE | Comments(4)

♪君は85%♪

「今の可動域は85%。」

Doctorの検診前、今日が最後のセラピーになります。
セラピーの最後にベッドでアイシングをしていた時、セラピストから言われた言葉です。

確かに85%の実感。
日常生活には不自由しないけど、ゴルフには不完全かな。
c0328616_10092293.jpg
「○○(僕のファーストネーム)は、まだまだ良くなると思う。僕の立場では、君はまだしばらくここに来ることを薦めたい。今、ここで終わりにしたくない。」

Doctorの検診に先立ち、セラピストがDoctorに出すレポートにそう書くつもりだと。

ヤバイ、ぐっと来た・・・。

通い始めて3ヶ月。
すっかり日常の一部と化してます。
生活のリズム。
恐らく卒業する時に泣くだろうな。
英会話兼スポーツジムを兼ねてずっと通いたい気分です。
自腹では高くて通えないけど(笑)
果たしてDoctorはレントゲンと実際の可動域を見て何て言うだろう。
卒業?留年?追試?
c0328616_10101649.jpg
受付のラテン娘が、会計の時に「○○、私このキャンディが一番好きなの」。
そこで見せられたのは日本の某メーカーのミルクキャンディ。
もし留年してたら日本で買ってきてあげよう。

[PR]
# by new-york-story | 2014-08-15 12:08 | LIFE | Comments(0)

ウェルダン!

日曜日は、美容院に行って髪の毛をさっぱりと。
間近に迫った帰国のお土産をあちこちで物色しつつ、夕方、家に戻りました。
c0328616_11240688.jpg

いそいそと夕飯のミディアムレアの料理に取り掛かっていたところ、足元になにやらシミが。
あれ?いつの間に?
と思ったのも束の間。
なんとキッチンシンクの排水管に穴が開いた水漏れでした。
「うわっ!」
慌てて水を止め、とりあえず応急処置をしてコンシェルジュに連絡するも、日曜日は修理が出来るアパートの管理人が不在。
次の日の朝、改めて管理人に直接話したところ、帰るまでには直しておくと言われ・・・。
c0328616_09494538.jpg
ほんとにそうでした。

Well Done!!!

この時ばかりはチップを幾ら払っても安いと思えた瞬間です。
チップと言うのはほんとに気持ちの問題なんだなと思った、とってもアメリカっぽい事件でした。

[PR]
# by new-york-story | 2014-08-12 11:18 | LIFE | Comments(0)

映画通信⑥ ~初めてのマリリン~

映画史に残るスカートを吹き上げた地下鉄の通気口。
その犯人はいつも通勤で使っている地下鉄でした。
まさにここがその現場。
c0328616_10570077.jpg
Marilyn Monroeの映画を初めて観ました。
NY映画を語る時に欠かすことの出来ない『7年目の浮気(The Seven Year Itch)』。
想像以上に良かったです。
マリリン・モンロー恐るべし。
偉大です。
よくある浮気のストーリーも、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番も、彼女の前では・・・。
セレブの底力。
正直、これまでは食わず嫌いでした。
c0328616_10561904.jpg
ミシェル・ファイファー
ジュリア・ロバーツ
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
キャメロン・ディアス
アン・ハサウェイ
c0328616_10555215.jpg
彼女たちと同じ時代にマリリン・モンローがいたら、やっぱりファンだっただろうなぁと確信しました。
ところで、『7年目の浮気』ではなく、原題に忠実に『7年目の痒み』とか『7年目のむずむず』だとどうなっていたかなぁ。


[PR]
# by new-york-story | 2014-08-08 12:07 | MOVIE | Comments(0)

Kamakura Story


by Kamakura Story
プロフィールを見る